エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.329

完全無音PC構築に最適なファンレスMini-ITXマザーボード、GIGABYTE「GA-E2100N」

2014.05.24 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 コアな自作派であれば一度は想像、またはチャレンジしたことがあるだろう“完全無音PC”。以前は対応パーツも高価で、選択肢も少ないことからかなり敷居が高かった。しかし、CPU・GPUの省電力化が進み、ファンレス駆動を謳うマザーボードも増加。さらにSSDやACアダプタ、ファンレス電源ユニットなど周辺パーツの整備も進み、下地はかなり整ってきた。
 そこで今回は“完全無音PC”を狙うべく、GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)のファンレスMini-ITXマザーボード「GA-E2100N」をチョイス。デュアルコアCPUとRadeon GPUを統合しつつ、TDPわずか9Wという低消費電力APUを搭載した、そのポテンシャルは如何なるものか、じっくりと検証していくことにしよう。
GIGABYTE「GA-E2100N」 実勢売価9,000円前後
製品情報(GIGABYTE

x86プロセッサ初のクアッドコアSoC「Kabini」

Kabiniは、CPU、GPU、チップセットの機能を1チップに統合したSoC(System-on-a-chip)型APU。チップの実装数を削減できるため、省電力・省スペースな設計が可能となる

x86プロセッサ初のクアッドコアSoCとして登場したAMD Kabini。IntelのノートPC向けプロセッサの対抗とされる製品で、CPUにはクアッドコアデザインのJaguarコアを搭載。またGPUにはGCNアーキテクチャを採用するRadeon HD 8000シリーズが内蔵され、クラス最高レベルのワットパフォーマンスを実現させた。

Kabiniのブロックダイアグラム図。CPUはクアッドコアまで対応し、GPUにはSP数128基のRadeon HD 8000シリーズ(Socket版ではRadeon R3 シリーズと命名)が内蔵されている

ちなみに発表当時は基板直付のオンチップ版のみリリースされたが、今年4月には「Athlon/Sempron」シリーズとしてSocket版も登場。高いワットパフォーマンスと手頃な価格設定もあり、アキバでの売れ行きは上々と聞く。なおオンチップ版Kabiniのラインナップは以下の通り。

totop