エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
サンワダイレクト、手軽に体調管理ができる心拍センサー搭載マウス発売。価格は4,580円から
水・空冷ハイブリッドGTX 1080とCore i7-7700K搭載の静音ゲーミングPCがストームから
SIMスロットやデュアルギガビットLAN装備、Apollo LakeオンボードのMini-ITXマザー「mITX-APL」がKontronから
「Multi-Zone Light」対応のZ270ゲーミングマザー、GIGABYTE「GA-Z270-Phoenix Gaming」
カード長わずか167mmのロープロ仕様。GIGABYTEのGTX 1050 Tiグラフィックス「GV-N105TOC-4GL」発売
玄人志向、ロープロファイルに対応するGeForce GTX 1050/1050 Ti OCモデル2種発売
工具なしで組み立てられる2.5インチHDD/SSDケース、センチュリー「SIMPLE SMART BOX」
スマホ&タブレットを2台持ちしてくれる、便利な双頭アームスタンドが上海問屋から
パイオニア、世界初の「Ultra HD Blu-ray」再生対応Blu-rayドライブ「BDR-S11J」シリーズ
AVer、双方向コミュニケーションに対応するAndroid搭載の大画面タッチ液晶「AVer CP」シリーズ

HOTNEWS
● 見よ、これが完全体のKaby Lakeマザーボード!豪華絢爛な全部入りモデル、GIGABYTE「GA-Z270X-Gaming 9」
● Pascal初のロープロ対応グラフィックスカード、MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」検証
● “2枚看板”の間を割って入るサイドフロー型CPUクーラー、サイズ「IZUNA」検証
● 独自機能で武装した新ハイエンドゲーミングマザー、MSI「Z270 GAMING M7」検証
● ハイエンド匹敵のポテンシャルが魅力。Kabylake世代の新アッパーミドルASRock「Z270 Gaming K6」


1見よ、これが完全体のKaby Lakeマザーボード!豪華絢爛な全部入りモデル、GIGABYTE「GA-Z270X-Gaming 9」
2Pascal初のロープロ対応グラフィックスカード、MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」検証
3“2枚看板”の間を割って入るサイドフロー型CPUクーラー、サイズ「IZUNA」検証
4NVMe SSD発熱問題の解決策。コスト1,000円以下でパフォーマンスは向上できる
5Intelの新メインストリーム“Kabylake”はどう変わった?「Core i7-7700K」速攻チェック

Home > レビュー > 撮って出し
Mantleを操るオールAMDのゲーミングノート決定版、MSI「GX60 Destroyer」
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.309

Mantleを操るオールAMDのゲーミングノート決定版、MSI「GX60 Destroyer」


2014年3月19日
TEXT:GDM編集部 絵踏 一
RSS
 自作派が聞けば意外に思うだろうか?二つ折りの限られた世界に強力なパフォーマンスを詰め込んだ、いわゆる“ゲーミングノート”が市場で存在感を増しつつある。中でも最近にわかに注目を集めているのが、新鋭API「Mantle」に対応するAMDプラットフォームの製品だ。
 そこへきて、このほどMSI(本社:台湾)はAMDのモバイル向け最上位で固めた「GX60 Destroyer」(型番:GX60 3CC-286JP)をデビューさせた。ゲーマー垂涎の機能を多数搭載しながら、価格帯は手を伸ばしやすい手頃な範囲に収まっている。果たして注目モデルとMantleの相乗効果はどれほど美味しいのか、いざ検証を始めよう。
GX60 Destroyer(型番:GX60 3CC-286JP) 実勢売価139,800円前後
製品情報(株式会社マイルストーン)(MSI

PC市場の劣勢はどこ吹く風。今ゲーミングノートがアツい

新時代の端末を代表するタブレットに押され、ノートPCというカテゴリ自体はすっかり劣勢を強いられているらしい。ところが、ことゲーミングノートに限っては話が別で、「単価は高いながら確実な需要がある」とメーカー各社が虎視眈々とシェア拡大を狙っている分野なのだ。
 そもそもその話題は、年々拡大を続けるゲーミングPC市場と直結している。市場の収益規模は、今や映画市場と肩を並べる250億ドル規模にまで成長。その流れに牽引され、ゲームをプレイするための機能を凝縮させた、“専用機”とも言えるゲーミングノートの需要が増してきたというワケだ。

英調査会社「Canalys」が昨年11月に発表した、PC市場の最新予測図がこちら。タブレットの台頭にノート&デスクトップPCが押しまくられているが、独自の地平に立つゲーミングノートは別格。その需要は右肩上がりだという

期待の新型API「Mantle」対応のAMD最強ノート「GX60 Destroyer」

GCNアーキテクチャを核にした、AMDが提唱する革新的な新型API「Mantle」。「バトルフィールド4」を皮切りに、今後続々と対応タイトルが増えていくことが期待される

その元気なゲーミングPC市場において、現在最も旬なキーワードといえば「Mantle」だろう。ゲーミングシーンにおいてDirectXを大幅に上回るパフォーマンスを実現するとともに、従来のゲーム開発環境を一変させると期待されている、AMD提唱の新しいAPIだ。特に最大級のキラータイトル「バトルフィールド4」が先陣を切って対応してからというもの、一躍ゲーマーたちの注目の的となっている。
 そして本レビューの主役である「GX60 Destroyer」もまた、Mantleに対応するGraphics Core Next(GCN)アーキテクチャのグラフィックスを搭載しているのだ。

重量級タイトルの代表格「BF4」もプレイできる、と「Ultimate Weapon for Battlefield 4」をパッケージで謳う。外装の下から現れたのは、MSI「GAMING Series」のドラゴンエンブレムだ

ここで一旦スペックを確認しておこう。「GX60 Destroyer」はプロセッサ(APU)にA10-5750M(4コア/定格2.50GHz/TC時3.50GHz)、グラフィックスチップにはRadeon R9 M290Xを搭載している。AMDのモバイルプラットフォーム最上位を構成する組み合わせで、現状Mantle対応環境を実現するゲーミングノートとしては、これ以上のモデルは存在しない。PC自体のパフォーマンスでは(価格帯からも)ミドルレンジに位置するモデルではあるものの、Mantleを意識して選ぶには最適なゲーミングノートと言えそうだ。
 なお、メモリはDDR3 8GB(PC3-12800/8GB×1/SO-DIMM)、ストレージは1TB HDD(7,200rpm)を搭載している。ただし、こちらはいわゆるボトムスペックの構成で、実際には購入段階でのカスタマイズが可能。メモリは最大16GBまで増設できるほか、システムにSSDを指定したりサブストレージを積み込むこともできる。さらに光学ドライブとしてBlu-rayコンボドライブを標準装備。ゲームのみならずマルチメディアユースをも見据えた1台に仕上がっている。

さて、この辺りで基本スペックのおさらいは一段落。ここからは「GX60 Destroyer」を眺め回しつつ、本機をゲーミングノートたらしめている搭載機能の数々に迫っていこう。

次は...  フルHD液晶を搭載する、重厚かつ高級志向のボディ

1 2 3 4 5 6 7

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us