エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
In Win、ヘアラインアルミ筐体採用のフルモジュラーPLATINUM電源「Classic」シリーズ
大型ヒートシンクを一体化したGTX 1080/1070向けウォーターブロックがAlphacoolから
「外神田一丁目計画」が本格始動。ヤマギワビル跡地は地上23階の商業ビルが建設予定
90mmファン×2の「WINDFORCE 2X」搭載GTX 1070、GIGABYTE「GTX 1070 WINDFORCE」
デュアルコアARM v7 1.1GHz搭載のエントリーNAS、QNAP「TS-128」「TS-228」発売
144Hz、1ms駆動の23.8インチWQHDゲーミング液晶ディスプレイ、AOC「AG241QX」
東芝とWD、世界初の64層3D NANDフラッシュ「BiCS FLASH」の開発に成功
GIGABYTEと玄人志向製グラフィックスカードが最大4,000円(税込)引き・・・TSUKUMO eX.
週末は「夏だ一番!ツクモでアニソンDJを始めよう!」イベントを実施・・・ツクモパソコン本店
GeForce GTX 1080を買う前にチェックしておきたい値引きサービス・・・ツクモDOS/Vパソコン館

HOTNEWS
● 標準でコアクロック2GHz超え。Palit製GTX 1080最上位の実力を知る
● 遊び心と堅実さがミックスされた、BIOSTARのオモシロイ廉価マザー「H170GT3」
● これで全てが分かる。In Win「303」徹底解説
● 狙いは空冷最上位。Cooler Master「MasterAir Maker 8」を試す
● 3プッシュで会計完了。iPhoneと使うコミケのためのレジ「レジプラ」で遊んでみた


1これで全てが分かる。In Win「303」徹底解説
2狙いは空冷最上位。Cooler Master「MasterAir Maker 8」を試す
3遊び心と堅実さがミックスされた、BIOSTARのオモシロイ廉価マザー「H170GT3」
4標準でコアクロック2GHz超え。Palit製GTX 1080最上位の実力を知る
53プッシュで会計完了。iPhoneと使うコミケのためのレジ「レジプラ」で遊んでみた

Home > レビュー > 撮って出し
これで全てが分かる。Antec「P100」徹底解説
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.306

これで全てが分かる。Antec「P100」徹底解説


2014年2月28日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 今年1月末から国内発売が開始された期待のミドルタワーPCケース、Antec「P100」が絶好調ときく。ファーストロットはあっという間に姿を消し、セカンドロットが入荷するまでの間、一時売り切れになるほどの人気振りらしい。
 Antecと言えば誰もが想像する静音指向の密閉型PCケースだが、今回リリースされた「P100」は期待を裏切らない、実にAntecらしいモデルに仕上げられている。これまで「Performance One」シリーズがコツコツと積み上げてきた信頼と実績がここに凝縮。さっそく新作「P100」をじっくり検証していこう。

元祖静音PCケースの底力。「P100」堂々デビュー

自作市場を牽引した「静音PCブーム」。その立役者といえば、Antecを一躍一流ブランドに押し上げた「P180」(2005年デビュー)だ。現在のようにCPUやGPUの製造プロセスや冷却技術が成熟していなかった当時、斬新とも言える密閉型静音PCケースを投入。自作史に残る名機は、現在もその血統が脈々と受け継がれ、ここに「P100」が誕生した。

P100 市場想定売価税込11,480円前後(2014年1月25日発売)
製品情報(株式会社リンクスインターナショナル)(Antec

今回取り上げる「P100」は、元祖「P180」を源流とする静音コンセプトの象徴として、前面からの音漏れを防ぐ密閉型フロントドアを採用。静音志向をアピールするには十分な説得力となる二層構造パネルも健在で、実にAntecらしいミドルタワーPCケースと言えるだろう。
 なおエルミタでは、前作のカラーバリエーションモデル「P280 White」(型番:P280-MW)を2012年10月に検証しているが、「P100」デビュー直前まで人気ミドルタワーPCケースとしてAntecブランドを支えた「P280」シリーズとの違いにも注目したい。

「P100」の位置付け

「P100」はAntec「Performance One」シリーズの中では、”最も数字が若い”モデルだ。数字の法則は不明だが、ここでは既存モデル「P280」を引き合いに、新作「P100」の立ち位置を把握しておきたい。

新作「P100」と「P280」との外形寸法比較

対応フォームファクタを比較すると、「P280」は最大XL-ATXに対し「P100」はATXまで。外形寸法では幅5mm、奥行き45mm、高さ40mmそれぞれ小振りに設計されている。なおドライブベイは、5.25インチオープンベイが1段、さらに2.5インチ専用シャドウベイ2段分がそれぞれ省略されているものの、2.5/3.5インチ共用シャドウベイは1段増えている。とは言え、単純な数値比較だけでは製品の善し悪しは分からない。ここからは「P280」を忘れ、新作「P100」を徹底的にいじり倒していこう。

次は...  Antec「P100」外観スタイル全方位チェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us