Ryzen対応のMini-STXベアボーン、ASRock「DeskMini A300」の国内価格と発売日

2019.01.11 11:57 更新

2019.01.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)および国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知 県名古屋市)は2019年1月11日、Ryzenシリーズに対応するMini-STXベアボーンキット「DeskMini A300」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売は1月末予定で、市場想定売価は税抜18,480円。
  • Ryzen対応のMini-STXベアボーン、ASRock「DeskMini A300」の国内価格と発売日
  • Ryzen対応のMini-STXベアボーン、ASRock「DeskMini A300」の国内価格と発売日

製品にはTDP65Wまで対応する専用クーラーが付属

DeskMini A300(型番:DeskMini A300/B/BB/BOX/JP) 市場想定売価税抜18,480円(1月末発売開始)
https://www.asrock.com/nettop/AMD/DeskMini%20A300%20Series/index.jp.asp
https://www.cfd.co.jp/product/minipc/deskmini_a300_b_bb_box_jp/release/

グローバルリリースで既報。世界初となるSocket AM4対応のMini-STXベアボーンキット「DeskMini A300」の国内発売がアナウンスされた。

従来の「DeskMini」シリーズと同じ、W155×D155×H80mmの小型筐体を採用しつつ、ストレージは2ポートのSATA3.0(6Gbps)と、Ultra M.2×2の計4台に対応。また最高2,933MHzの高クロックメモリを正式サポートしており、Raven Ridgeの性能を最大限に引き出すことができる。

DeskMini_A300_1024x540c

主なスペックは、メモリスロットがDDR4-SODIMM×2、拡張スロットがM.2×1(Key E 2230/ネットワークモジュール用)、ネットワークはギガビットLAN×1(Realtek RTL8111H)を搭載。また国内モデルには、本来オプションの専用クーラー「AM4 CPUクーラー」が標準で付属する。

なお詳細スペックについてはこちらのグローバルリリースを参照のこと。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/
CFD販売株式会社: http://www.cfd.co.jp/

totop