AMD、「CES 2018」に合わせて第2世代RyzenやZen搭載APUなど発表

2018.01.08 15:00 更新

2018.01.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ)は2018年1月7日(現地時間)、「CES 2018」に合わせて開催した技術紹介イベント「AMD Tech Day 2018」で、第2世代RyzenシリーズやZenコアを内蔵する新型APUなど最新プロセッサを発表した。
  • AMD、「CES 2018」に合わせて第2世代RyzenやZen搭載APUなど発表

モバイル版Vegaや7nmプロセスの新型VegaなどGPUも同時発表

AMD Redefines High-Performance Computing with New Processor and Graphics Products Preview at CES 2018
http://www.amd.com/en-us/press-releases/Pages/ces-2018-2018jan07.aspx

AMDはアメリカ ラスベガスで開催した「AMD Tech Day 2018」で、2018年に投入予定の新プロセッサを発表した。

CPUでは、製造プロセス12nmの第2世代「ZEN+」が2018年4月より投入予定。さらに2020年までを目処に7nmプロセスの「ZEN2」、7nm+の「ZEN3」へと段階的にプロセスの微細化が進められる予定だ。

ryzen2_1024x590b
「AMD Tech Day 2018」で公開されたRyzenシリーズのロードマップ

またRadeon Vegaプロセッサを内蔵したRyzenベースのAPUとして、「Ryzen 5 2400G」(4コア/8スレッド/CPU最大3.90GHz/GPUコア11基)と、「Ryzen 3 2200G」(4コア/CPU最大3.70GHz/GPUコア8基)も準備中。こちらは2018年2月12日より販売が開始されるとのこと。

ryzen2_1024x590d
「Ryzen Mobile」にはローエンド2モデルが新たに追加される

その他、モバイル向けAPU「Ryzen Mobile」の新モデルとして、オフィス向け「Ryzen Pro」と、ローエンドモデル「Ryzen 3 2300U/2200U」も同時にリリースされている。

ryzen2_1024x590e
7nm世代の「Radeon Vega」は機械学習用のGPUプロセッサとして2018年中に登場予定

GPUの新製品としては、モバイル版「Vega」ファミリーの「Radeon Vega Mobile」に加え、機械学習用アプリケーション向けに設計された製造プロセス7nmの「Radeon Vega」が2018年中に登場する予定だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
AMD: http://www.amd.com/

totop