MSI、期間限定でKaby Lake/Ryzenマザーボードの無償BIOS修復・更新サービスを実施中

2017.04.28 15:29 更新

2017.04.28 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2017年4月28日から6月30日までの期間限定で、Intel 200シリーズおよびAMD 300シリーズマザーボードを対象にBIOSの修復・更新を無償で行うサービスを実施中だ。

Intel「Optane」メモリ対応BIOSツールも提供開始

MSI、Intel 200シリーズまたはAMD AM4マザーボードユーザーに期間限定で無償BIOS修復・更新サービスを提供
https://jp.msi.com/

MSIは本日4月28日より、Intel 200シリーズおよびAMD 300シリーズを対象にした「BIOS修復・更新無償サービス」を開始した。なお実施期間は6月30日まで。

このサービスは、通常3,000円が必要になる有償のBIOS更新が期間限定で無料で行えるというもの。サービスを受けるには、シリアル番号と製品型番を確認の上、MSIお客様ご相談窓口にメールで連絡。その後メールに従って製品を送付すれば完了となる。なお送料は実費となる点には注意が必要だ。

またMSIでは、Intel 200シリーズマザーボードに対して、キャッシュ用SSD「Optane Memory」向けBIOSツール「Optane Genie」の提供を開始。HDDを搭載したシステムで、手軽にパフォーマンスを向上することができる。

新BIOSツール「Optane Genie」を使えば、簡単に「Optane Memory」による最適化が可能となる

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): http://jp.msi.com/

totop