H170/B150チップでBCLK調整が可能。「Hyper BCLK Engine」搭載マザーボードがASRockから

2016.03.08 14:48 更新

2016.03.08 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)は2016年3月8日、ベースクロック調整機能「Hyper BCLK Engine」を搭載するIntel H170 / B150マザーボード「Fatal1ty H170 Performance/Hyper」「Fatal1ty B150 Gaming K4/Hyper」を発表した。
  • H170/B150チップでBCLK調整が可能。「Hyper BCLK Engine」搭載マザーボードがASRockから
  • H170/B150チップでBCLK調整が可能。「Hyper BCLK Engine」搭載マザーボードがASRockから

メモリオーバークロック機能「DDR4 Non-Z OC」にも対応

ASRockより、BCLK外部クロックジェネレーター「Hyper BCLK Engine」を搭載するIntel H170 / B150搭載マザーボード「Fatal1ty Hyper」シリーズ2種がリリースされた。

いずれもゲーミング向け「Fatal1ty」シリーズに属する製品で、「Hyper BCLK Engine」により0.0625MHz刻みのベースクロック調整が可能。さらにメモリオーバークロック機能「DDR4 Non-Z OC」もサポートされる。

外部クロックジェネレーター「Hyper BCLK Engine」により、Intel H170 / B150チップながらオーバークロックに対応する

「Fatal1ty H170 Performance/Hyper」は、以前詳細レビューをお届けした「Fatal1ty H170 Performance」をベースにした、Intel H170搭載モデル。

メモリスロットはDDR4-2133MHz×4(最大64GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×6、SATA Express×1、Ultra M.2(32Gbps)×1。拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×2、PCI-Express3.0(x1)×3を搭載する。

SPEC
ソケット:LGA1151
チップセット:Intel H170
フォームファクタ:ATX
メモリスロット:DDR4-2133MHz×4(最大64GB)
拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×2、PCI-Express3.0(x1)×3
ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×6
LAN:ギガビットLAN×1(Intel i219V)
サウンド:Purity Sound 3(Realtek ALC1150)
インターフェイス:USB3.1×2(Type-C×1 / Type-A×1)、USB3.0×4、USB2.0×2、ギガビットLAN×1、PS/2×1、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1、HDMI×1、DVI×1
Fatal1ty B150 Gaming K4/Hyper

「Fatal1ty B150 Gaming K4/Hyper」は、Intel B150チップを採用する「Fatal1ty B150 Gaming K4」をベースにした下位モデル。

メモリスロットはDDR4-2133MHz×4(最大64GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×6、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×2、PCI-Express3.0(x1)×3を搭載し、ネットワークチップはKiller E2400を採用する。

SPEC
ソケット:LGA1151
チップセット:Intel B150
フォームファクタ:ATX
メモリスロット:DDR4-2133MHz×4(最大64GB)
拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×2、PCI-Express3.0(x1)×3
ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×6
LAN:ギガビットLAN×1(Killer E2400)
サウンド:Purity Sound 3(Realtek ALC1150)
インターフェイス:USB3.0×4、USB2.0×2、ギガビットLAN×1、PS/2×1、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1、HDMI×1、DVI×1

文: GDM編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/

totop