CORSAIR、「Neutron GTX」シリーズに東芝19nm NAND搭載「CSSD-N240GBGTXB-BK」追加

2013.03.26 11:10 更新

2013.03.26 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
CORSAIR Memory(本社:アメリカ カリフォルニア州)国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)は2013年3月26日、東芝製19nmプロセスToggle NANDフラッシュを採用した「Neutron GTX」シリーズ240GBモデル「CSSD-N240GBGTXB-BK」について、新規取り扱い開始を発表した。本日3月26日より発売が開始され、市場想定売価は税込25,900円前後。
  • CORSAIR、「Neutron GTX」シリーズに東芝19nm NAND搭載「CSSD-N240GBGTXB-BK」追加
  • CORSAIR、「Neutron GTX」シリーズに東芝19nm NAND搭載「CSSD-N240GBGTXB-BK」追加

Neutron GTXに東芝製19nmToggle NAND採用モデルが登場

Neutron GTXシリーズ
CSSD-N240GBGTXB-BK(240GB) 
市場想定売価税込25,900円前後(3月26日発売)
http://www.links.co.jp/item/cssd-n240gbgtxb-bk/

Link_A_Media Devices(LAMD)製コントローラ「LM87800」を搭載した2.5インチSATA3.0(6Gbps)対応SSDの新製品。既に発売が開始されている「Neutron GTX」シリーズでは、NANDフラッシュに東芝製24nmプロセスのBGAタイプが採用されていたが、今回登場した「CSSD-N240GBGTXB-BK」では、19nmプロセスのTSOPタイプへと変更されている。

コントローラは特に変更なくLAMD「LM87800」を搭載 NANDフラッシュは東芝製19nmプロセスのTSOPタイプへと変更された

主なスペックはシーケンシャル読込550MB/sec、書込470MB/sec、ランダム読込90,000 IOPS、書込85,000 IOPS。また、NANDマネジメント技術「E-boost technology」を搭載し、耐久性を高めるとともに長期使用時でもパフォーマンスの低下が抑えることができる。

外形寸法はW70×D100×H7mm、重量約55g。MTBFは200万時間で、製品保証は5年間。対応OSはWindows OS全般、Mac OS、Linux。

文: GDM編集部 池西 樹
CORSAIR Memory: http://www.corsair.com/
株式会社リンクスインターナショナル: http://www.links.co.jp/

totop