エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.1

OCZ Vertex Series SSDを試す

2009.03.10 更新

文:テクニカルライター Jo_kubota

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
OCZ
~SSDを選ぶポイントはI/O性能だ~

待望のSSD、OCZ「Vertex Series」を一刀両断

発表されてから随分待たされた、OCZのSSD「Vertex Series」。これのナニが注目かと言えば、ともかく圧倒的な速度だ。それでいて価格は控えめなのだから、まさしく「待望」されていたわけで、ようやく先週末に販売が始まった…と同時に売れきれ店続出という人気ぶり。そんななか、エルミタージュ秋葉原特派員の尽力により120GBの「OCZSSD2-1VTX120G」をゲットした次第だ。(もちろん編集部の自腹である)

では、Vertex Seriesを紹介する前にSSDとは何ぞや?という点を紐解いておこう。
 端的に言うなら、フラッシュメモリ、SDカードやメモリスティックに使われている書き換え可能な自己保持型のメモリ(Flash EEPROMとも言う)を、HDDとして使うのがSSDだ。SSDとはSolid State Driveの略で、Solid State(固体)とは半導体素子のことだ。

そしてSSDが注目されているのは、HDDのように駆動分がないため衝撃に強いこと、低消費電力であること、そして高速という点が、最大メリットだ。
 HDDと比較してSSDのデメリットは2つ。それは容量あたりのコストと、大容量製品が無いことだ。HDDは現在2TBという製品が存在するが、SSD は最大でも250GB程度で、HDDの容量とコストに追いつくにはもう少し時間が掛かるだろう。とはいえ、起動ディスクをSSDに、データディスクをHDDという使い分けることで、コストパフォーマンスを追求することができる。

OCZ Technology Vertex Series 「OCZSSD2-1VTX120G」 OCZ Technology Vertex Series
「OCZSSD2-1VTX120G」 120GB

2009年3月5日発売開始
実勢価格税込42,000円前後
サイズ:2.5インチ
インターフェイス:SATA
キャッシュ:64MB
リード:250MB/sec
ライト:180NB/sec

アルミ製ボディながらブラックでシックなOCZ Vertex

SAMSUNG製の「K9HCG08U1M」が使われている

MLCのNAND Flashメモリで、1チップあたり64Gbit(8GB)でこれが表裏16チップ搭載され128GBの容量となる

Indilinx製SSDコントローラ
 
 

ELPIDA製のSDRAM 166MHz/64MBキャッシュメモリ
totop