エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
【ギークの殿堂 Vol.031】Androidスマホ史上最高の感動をありがとう!美しく最強な「Mi Mix」を手に入れたぞ
【コレオシ Vol.1418】「Tegra X1」搭載の最新Androidゲーム機「SHIELD PRO」あります
2月20日(月)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
RGB LED対応のCherry赤軸搭載ゲーミングキーボード、Ozone「SPECTRA」シリーズ
GTX 10シリーズ標準の「PSO2:設定6」推奨デスクトップPC計4モデルがLEVEL∞から
iiyamaPC、STYLE∞からKaby Lake標準の15.6型フルHDノートPC計3機種発売
ケーブル不要。どこでも使える充電式Cube型ポータブルプロジェクターがサンコーから
4系統のディスプレイ出力を搭載するIntel Q270マザーボード、ASUS「Q270M-C/CSM」
「おすそわけ充電」対応の8インチLTEタブレット「LG G Pad 8.0 Ⅲ」、J:COMから発売
11台の3.5インチドライブを同時コピーできるデュプリケーター、Addonics「Jasper II 11S」

HOTNEWS
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
● これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説
3細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
4NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
5「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談

Home > レビュー > 撮って出し
OCZ Vertex Series SSDを試す
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.1

OCZ Vertex Series SSDを試す


2009年3月10日
TEXT:テクニカルライター Jo_kubota
RSS
~SSDを選ぶポイントはI/O性能だ~

待望のSSD、OCZ「Vertex Series」を一刀両断

発表されてから随分待たされた、OCZのSSD「Vertex Series」。これのナニが注目かと言えば、ともかく圧倒的な速度だ。それでいて価格は控えめなのだから、まさしく「待望」されていたわけで、ようやく先週末に販売が始まった…と同時に売れきれ店続出という人気ぶり。そんななか、エルミタージュ秋葉原特派員の尽力により120GBの「OCZSSD2-1VTX120G」をゲットした次第だ。(もちろん編集部の自腹である)

では、Vertex Seriesを紹介する前にSSDとは何ぞや?という点を紐解いておこう。
 端的に言うなら、フラッシュメモリ、SDカードやメモリスティックに使われている書き換え可能な自己保持型のメモリ(Flash EEPROMとも言う)を、HDDとして使うのがSSDだ。SSDとはSolid State Driveの略で、Solid State(固体)とは半導体素子のことだ。

そしてSSDが注目されているのは、HDDのように駆動分がないため衝撃に強いこと、低消費電力であること、そして高速という点が、最大メリットだ。
 HDDと比較してSSDのデメリットは2つ。それは容量あたりのコストと、大容量製品が無いことだ。HDDは現在2TBという製品が存在するが、SSD は最大でも250GB程度で、HDDの容量とコストに追いつくにはもう少し時間が掛かるだろう。とはいえ、起動ディスクをSSDに、データディスクをHDDという使い分けることで、コストパフォーマンスを追求することができる。

OCZ Technology Vertex Series 「OCZSSD2-1VTX120G」 OCZ Technology Vertex Series
「OCZSSD2-1VTX120G」 120GB

2009年3月5日発売開始
実勢価格税込42,000円前後
サイズ:2.5インチ
インターフェイス:SATA
キャッシュ:64MB
リード:250MB/sec
ライト:180NB/sec

アルミ製ボディながらブラックでシックなOCZ Vertex

SAMSUNG製の「K9HCG08U1M」が使われている

MLCのNAND Flashメモリで、1チップあたり64Gbit(8GB)でこれが表裏16チップ搭載され128GBの容量となる

Indilinx製SSDコントローラ
 
 

ELPIDA製のSDRAM 166MHz/64MBキャッシュメモリ
次は...  SSDコントローラはIndilinx製「IDX110M00-LC」

1 2 3

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us