エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.668

これで全てが分かる。In Win「A1」徹底解説

2018.07.06 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
「COMPUTEX TAIPEI 2017」のプロトタイプから1年。In Win Development(本社:台湾)のCube型Mini-ITXケース「A1」シリーズの販売がスタートした。そこはIn Winとあって、単なる箱形コンパクトPCケースに留まらない。新作ミニ筐体に詰め込まれた多数の仕掛けをご覧頂こう。

In Win「A1」3つのポイント

a1_19_1024x768

今回取り上げるIn Winの新作「A1」は、Cube型のMini-ITX対応PCケース。昨年開催された「COMPUTEX TAIPEI 2017」のブースレポートをお届けしてからおよそ1年で量産モデルの販売にこぎつけた。

製品コンセプトから外観スタイルまで大きな変更は加えられていない。ただし、この年のIn Winがテーマのひとつに据えた「木」の採用は見送られている。聞くところによると、木材はアルミやスチール等の鉄板よりも均一に精度を保つ事が難しく、条件に合う業者が見当たらなかったらしい。どうやら「COMPUTEX TAIPEI 2017」で見たプロトタイプはこのままお蔵入りになりそうだ。

2017comp_inwina1_01_1024x768 「COMPUTEX TAIPEI 2017」のIn Winは、フロントとトップに「木」を使ったミドルタワーPCケース「806」も披露。量産モデルでの採用にはややハードルが高かったようだが、単なるチャレンジに留まる事無く、いつかは量産モデルをリリースしてくれると信じよう

これに変わるギミックとして新たに導入されたのが「ワイヤレス給電ステーション」だ。今年5月4日のグローバルリリースでは、トップパネルに装備されたワイヤレス充電エリアを表す独自のマークは、「A1」を最も象徴する特徴として話題を集めた。

a1_07_1024x768 a1_39_1024x768

さらにボトム部にはアクリル製の台座を採用。内部にはRGB LEDストリップが搭載済みで、設置面を照らすイルミネーション機能を標準で装備させた。ミドルタワーPCケースとは違い、目の高さに設置するケースが多いCube型Mini-ITX対応ケースとあって、視覚効果の高いドレスアップ要素は興味深い。

ちなみに「A1」はブラックとホワイトの2色展開で、いずれも80PLUS BRONZE認証の600W電源ユニットが標準装備される。ワイヤレス充電機能を活用するための、最適な電源ユニットが選択されているというワケだ。

a1_01_1024x768 a1_02_1024x768
In Win「A1」シリーズ A1Black-RGB(ブラック)/A1White0RGB(ホワイト)
市場想定売価税抜各20,980円(2018年6月15日発売)
製品情報(In Win)(株式会社アユート

このように(1)ワイヤレス充電機能、(2)RGB LEDストリップ内蔵アクリル製台座、(3)600W電源ユニットの標準装備、この計3つが「A1」を特徴付けるポイントになっている。

スペック表に見るIn Win「A1」

実機による検証を行う前に、スペック表から「A1」の概要を把握しておこう。In WinブランドのMini-ITXケースといえば以前検証を行った「Chopin」(型番:IW-BQ696S)が知られている。「Chopin」はスリム型ミニタワーだが、「A1」はCube型を採用し、そもそもの設計コンセプトに違いがある。

シャーシはスチール(SECC)製で、左サイドパネルには3mm厚の強化ガラスを採用。突起部を含む外形寸法は幅216mm、奥行は355.5mm、高さは273mmとされる。さすがに容量も限られたミニPCケースだけに、重量は6kgで、組み込みやメンテナンス作業はし易いはずだ。なおパッケージ寸法は幅295mm、奥行き414mm、高さ344mmで、付属品および緩衝材を含めた全重量は6.9kgとされ、もちろん店頭からの持ち帰りは可能だ。

A1_1024x768a
台座部分にアクリル素材を採用。RBG LEDストリップの発光により、”あたかも浮いているように見せる演出”だという
a1_spec_600x281
totop