特別企画

In Winの台湾工場で見たPCケースができるまで

2018.04.17 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
強化ガラスパネル採用PCケースが市場に溢れている。そのパイオニアといえば、老舗メーカーIn Win Development(本社:台湾)だ。特徴的なフレーム型PCケースや、全身を強化ガラスで覆ったPCケースまで、思いも寄らぬ"デザインケース”を市場に投入し続ける。 In Winが仕掛ける数々の秀作は、どのように生まれるのだろうか。今回は国内正規代理店の株式会社アユート(本社:東京都 千代田区)の協力により、台湾・桃園市にあるIn WinのPCケース工場に潜入。普段見ることのできない、貴重な製造ラインをご覧に入れよう。
inwin_taiwan_aa_1024x768

強化ガラスパネル採用PCケースのパイオニア「In Win」

In Winは1986年に創業された老舗メーカー。企業やサーバー向けシャーシをはじめ、自作PC向けパーツなど、幅広いアイテムの開発・製造を行っている。中でも同社を代表するPCケースは、自作PC黎明期より秋葉原でも多くのPCパーツショップで取り扱かわれていた。そもそも組み込み向け大量生産PCケースに強いメーカーとあって機能性やコストが優先。お世辞にもデザインについて話題にならない、”アイボリーの筐体”といった体だった。そんな時代が長らく続き、自作PCブームを迎えた2000年代前半からは、コンシューマ向け専用モデルにも注力。ブランド名も広く知れ渡るようになった。

そしてIn Winのイメージをガラリと変え、今のカタチを作ったのが2012年に発表されたオープンフレーム型PCケース「X-Frame」であろう。

inwin_taiwan_bb_1024x768 In Winがコンシューマ市場へ舵を切るきっかけとなった「X-Frame」。いわゆる「検証台」だが、組み込み向け大量生産品とは明らかに違うことを”市場に宣言”したメモリアルモデルと言えるだろう

以降、アルミ板を重ね合わせた「H-Frame」(2012年)、鉄パイプと砂型鍛造プレートで構成された「D-Frame」(2013年)などデザイン重視のPCケースを次々と投入。その衝撃的なスタイルで「COMPUTEX TAIPEI 2013」の話題を独占した「Tou」(2013年)は、強化ガラス採用PCケースの元祖として、確かな足跡を残した。

inwin_taiwan_75_1024x768 inwin_taiwan_76_1024x768
デザインPCケースという新たな境地を開拓した「H-Frame」 本体を自ら組み上げる自作ケースの「D-Frame」
inwin_taiwan_77_1024x768
圧倒的存在は現在でも十分に通用するであろう、全身強化ガラスパネル採用の「Tou」
inwin_taiwan_78_1024x768 i805_79_1024x768
4mm厚アルミ一体成型フレームと強化ガラスで構成された「IW-CF02(901)」。2014年発売のモデルながらまったく色褪せることがない 3面にスモークの強化ガラスを使った「805」は2015年リリースのミドルタワーPCケース

素材の特性から、どうしても破損トラブルが心配された強化ガラスを自作PC市場に導入。その起源は「D-Frame」や「Tou」の2012年にあり、”魅せるPC”というビッグキーワードが市場を牽引しながら、RGB LED搭載パーツは現在でも増殖を続けている。低迷する自作PC市場を活性化させた立役者、それがIn Winなのだ。

復習はここまで。少々前置きが長くなったが、次なるセッションからいよいよ台湾にあるIn Winの工場に潜入。たくさんの魅力が詰まったPCケースの製造工程をご覧に入れよう。
totop