エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.235

PC Case DIY! In Win「D-Frame」徹底解剖

2013.05.20 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 年明け早々、アメリカ・ラスベガスで開催されたIT・家電展示会、「2013 INTERNATIONAL CES」(2013年1月8日~11日)において披露された、In Win「D-Frame」が編集部にやってきた。「X-Frame」「H-Frame」に続くオープンフレームPCケース第3弾は、これまでとは全く毛色が違う「DIY」がキーワード。なんとPCを自作する前に、PCケースを自作しなければならないという強者だ。手元の資料に目を通しただけで「こいつは手強いぞ」と身構えた筆者。さぁどう検証すればいいのやら。

In Win オープンフレームPCケース第3弾
「D-Frame」がまもなくやってくる

今年1月8日から開催された「2013 INTERNATIONAL CES」(2013年1月8日~11日/ネバダ州ラスベガス市)において披露された、In Win Development(本社:台湾)の新型PCケース「D-Frame」が間もなく編集部にやってくる。執筆時点で運送会社のステータスを見ると、明日午前中には到着するらしい。つまりまだ手元にはない。
 ここ数日、事前準備とばかりに製品資料とにらめっこだが、どうやら今回のお題目はなかなか興味深い。というのも、昨年9月に検証したIn Winのオープンフレーム型PCケース第2弾「H-Frame」とは大きく異なり、「D-Frame」は本体を自ら組み上げなければならない、いわば「DIY」スタイルのPCケースなのだ。

D-Frame
「CES」で披露された「D-Frame」。エルミタでもグローバルリリースで紹介済みだが、まさか編集部に到着するとは

過去にも「DIY」スタイルのPCケースは存在したものの、実際に組み立てるのは初めて。さらにオープンフレーム型PCケース(In Winでは「Open-Air Chassis」と名付けられている)とあって、否が応でもテンションが上がるというもの。斬新なスタイルも手伝って、今か今かと待ち遠しい。

というワケで、あと数時間でご対面と相成るが、ここは逸る気持ちを抑え、事前にスペックを確認しておこう。

DFrame
In Win「DFrame」(型番:IW-CA03R レッド/型番:IW-CA03O オレンジ)
市場想定売価税込43,800円(5月20日発売)

製品情報(CFD販売株式会社)(In Win Development

D-Frame

D-Frame
編集部に到着する評価サンプルは「レッド/ブラック」。この他に「オレンジ/ブルー」も用意される(画像は「オレンジ/ブルー」)

前作「H-Frame」は、アルミニウム製の板を重ね、立体を作り上げるという手法が採用されていた。しかし新作「D-Frame」では、板をアルミ製パイプに変え、高い剛性と造形美を特徴とする。確かに画像を確認すると、四角く囲われたパイプ(正確には8角形)が、フレームの役割を果たし、PCケースのスタイルに組み上げられている。さて、一体どんな設計がなされているのだろうか。

totop