エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.455

これで全てが分かる。In Win「805」徹底検証

2015.11.21 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 10月末、In Win Development(本社:台湾)ブランドより大注目のミドルタワーPCケース「805」シリーズが国内市場でデビューを果たした。3面にスモークの強化ガラスを装備し、外観はどこまでもクール。従来モデルとは一線を画す洗練されたデザインながら、税抜17,800円という市場想定売価に、秋葉原のPCパーツショップスタッフから絶賛の声が挙がっている。そこで今回は国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市)協力のもと、エルミタ的にはIn Winの強化ガラス採用PCケース、第4弾となる「805」を徹底検証してみたい。

強化ガラス採用の大注目PCケース誕生

もしかすると2015年最後の”大物”かもしれない。国内市場で10月末の販売開始以降、PCパーツショップのスタッフからも高い評価を得ているミドルタワーPCケース、In Win「805」シリーズが今回の主役だ。
 近頃のIn Winといえれば、展示会用のコンセプトモデルと見紛うデザインのPCケースを、何事も無かったかのように市販モデルとしてカタログに加え、多くの自作派を魅了するメーカーとして支持を集めている。
 そして今回取り上げる「805」もその例外ではなく、外装パネルの素材にPCケースの内部が透けて見える3mm厚の強化ガラスを採用。「魅せるPCケース」というコンセプトは実に明快で、ドレスアップパーツを駆使して自作を楽しむには最良のPCケースといえるだろう。

In Win 805(型番:IW-CF05R)シリーズ
市場想定売価税抜17,800円前後(2015年10月発売)
製品情報(In Win Development
IW-CF05B(ブラック)
製品情報(CFD販売株式会社
IW-CF05R(レッド)
製品情報(CFD販売株式会社

国内市場で入手できるラインナップは、レッドとブラックの2種類。今回のレビューにはブラックモデル「IW-CF05B」を借り受けた。なお市場想定売価は税抜17,800円(発売時)に設定されている。In Winブランドで強化ガラスを採用した従来品に比べ、かなり価格が抑えられている点もトピックだ。

「COMPUTEX TAIPEI 2015」のIn Winブースで華々しくデビューを果たした「805」。強化ガラスを採用した美しい筐体は、多くの注目を集めた。なおグローバルではイエロー色もラインナップする

スペック表に見る「805」

本体をパッケージから取り出す前に、スペック表から「805」の概要を掴んでおこう。ATX、MicroATX、Mini-ITXの各フォームファクタに対応し、ミドルタワーにカテゴライズされる「805」の外形寸法は、幅205mm、奥行き476mm、高さ455mm。いずれも近頃発売されるPCケースの中でも、コンパクトな部類に入るだろう。届けられた外装パッケージは想像以上に小ぶりで、重量も6.85kgと思いのほか軽い。これは重量のある3mm厚の強化ガラスが使用されているものの、本体の全てが軽量なアルミニウム素材によるところが大きい。
 その他、肝心なドライブベイレイアウトや冷却ファンレイアウトについては、検証を進めるうちに詳しく解説していくことにしよう。

外装パッケージは実測で約W560×D570×H320mm。本体は厚手の不織布に包まれ、横置きで梱包されていた

totop