エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.176

イメージが形になったデザインPCケース「H-Frame」

2012.09.24 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 質実剛健でオーソドックスなPCケースを量産するというイメージは過去の話。ここ数年で、コンシューマ市場を意識したモデル作りにシフトした感のあるPCケースメーカーの老舗 In Win(本社:台湾)から、斬新なデザインを採用する新型モデル「H-Frame」がデビューした。今回は“デザインPCケース”という新たな境地を開拓すべく投入された注目の「H-Frame」を、国内正規代理店の株式会社エムヴィケー(本社:東京都千代田区)から借り受け、その細部にメスを入れていこう。

「COMPUTEX TAIPEI 2012」に出展されたあのモデル

今年開催された「COMPUTEX TAIPEI 2012」でお披露目された「H-Frame」は、来場者の注目を大いに集めた。外観こそPCケースだが、近付いてよく見るとアルミニウムパネルを幾重にも重ねた“ミルフィーユ”スタイル。平坦なパネル11枚を使い、見事立体構造物に仕上げられている。斬新なそのスタイルから展示会用のコンセプトモデルと思いきや、これを製品化して売り出すというから驚きだ。

「COMPUTEX TAIPEI 2012」(左)と「2012 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」(右)で出展されたIn Win「H-Frame」。その斬新なデザインが、来場者の目を留めた

先陣を切った「X-Frame」の存在

X-Frame

X-Frame

 ご存じの方も多いだろう。今回取り上げる「H-Frame」の布石とも言うべき製品に「X-Frame」がある。
 デザインPCケースの先陣を切って今年5月にリリースされた「X-Frame」は、ワールドワイド市場で限定50台が生産されたオープンフレームスタイルのPCケース。日本国内市場に割り当てられた準備台数はわずかに一桁だったことから、さすがに幻のモデルとなってしまった。しかし「H-Frame」は、ミドルタワーPCケーススタイルになったことで、入手性が格段に向上されての販売となるようだ。

デザインPCケースの試金石。「H-Frame」

デザインPCケースの試金石とも言える「H-Frame」の役割と期待は大きい。国内正規代理店のエムヴィケーによれば、「ファーストロットの売れ行きによっては、さらに量産される可能性もある」という。新たなカテゴリに潜在的需要があると見込めれば、今後も積極的に新機種を市場に投入してくるだろう。つまり実用的ミドルタワーPCケースとなる「H-Frame」は、In Winの方向性を決める重要なモデルとなるワケだ。なお日本国内市場での市場想定売価は39,800円。総アルミニウム製であること、さらに本格的量産モデルではない点を考慮すれば、妥当な価格かもしれない。

In Win「H-Frame」
市場想定売価税込39,800円(9月下旬発売)

見事な「造形美」と機能性を兼ね備えた「H-Frame」

言うなればアルミニウムパネルを“重ねただけの”「H-Frame」はいったいどうなっているのだろうか。
 編集部に届けられたサンプルを観察してみると、2mm厚の両サイドパネルとシャーシ外枠にあたるブルーメタリック塗装の4mm厚パネル×2枚、それに挟まれるように2mm厚のパネル7枚の合計11枚で構成されている事が分かる。さらにそれらは要所に仕込まれたシャフトにより連結され、見た目以上に高い剛性を確保し、PCケースの体を成しているのだった。

フロントトップから、ボディ構造を仔細に眺めてみる。両サイドパネル(2mm)とシャーシ外板(4mm/ブルーメタリック)間は約19mm、その他内部は約17mm間隔でアルミニウムパネルが並べられている

レーザー切断されたパネルは角が落とされ、製品の質感の良さを感じさせる

11枚のアルミニウムパネルを連結するシャフトは、φ9mmの金色シャフト3本、φ5mmの銀色シャフト6本の計9本で構成。これらが要所に配置され、PCケース全体の剛性を確保している

両サイドパネルを外すと姿を現すシャーシを構成するパネルには、アルマイト加工が施されたブルーメタリックカラーに塗装されている

totop