エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
サンコー、USBポートにディスプレイを増設できるUSB-HDMI変換アダプタ発売
業界初、Qualcomm Snapdragon820搭載シングルボートPCがポジティブワンから
Ryzenにも対応。92mm Red LEDファン搭載コンパクトサイドフロー、ID-COOLING「SE-903-R」
明るくキレイに物撮りできる、20灯LED搭載の撮影ボックスが上海問屋から
MOVIMAS、月額料金0円の法人向けIoT専用SIMを発売。開通手数料も無料で従量課金もなし
Axiomtek、Kaby Lake搭載のPicoITXマザーボード「PICO512」
-40~70℃の広温度域に対応する防水・防塵ゲートウェイPC、MSI「X1000」
ダイヤテック、セミオーダーメイドのメカニカルキーボードに“日本語かななし”仕様を追加
売価9,000円のエントリーSocket AM4マザーボード、ASRock「AB350M-HDV」4月5日発売
GTX 1080 Ti初のオリジナルモデル、GIGABYTE「AORUS GeForce GTX 1080 Ti XE 11G」を今週発売

HOTNEWS
● プロゲーミングチームが認めたホワイト迷彩マザー、MSI「H270 TOMAHAWK ARCTIC DETONATOR EDITION」
● MicroATXでGeForce GTX 1080搭載のデュアル水冷マシン、サイコム「G-Master Hydro Z270-Mini」
● 定評のNASサーバー、Synology「DiskStation DS216j」でストレージ環境を見直す
● 秋葉原PCパーツ系STAFFに聞きました。「店員歴を教えてください」
● 超静音志向のゲーミングPCが手軽に構築できる Palit「GeForce GTX 1050 Ti KalmX」


1定評のNASサーバー、Synology「DiskStation DS216j」でストレージ環境を見直す
2MicroATXでGeForce GTX 1080搭載のデュアル水冷マシン、サイコム「G-Master Hydro Z270-Mini」
3まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
4NVMe SSD発熱問題の解決策。コスト1,000円以下でパフォーマンスは向上できる
5超静音志向のゲーミングPCが手軽に構築できる Palit「GeForce GTX 1050 Ti KalmX」

Home > レビュー > インタビュー
エルミタ的業界インタビュー Vol.30

SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待


2017年2月16日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
RSS
 デスクトップPC向けCPU「Ryzen」、そして次世代GPU「Vega」のカウントダウンが始まった。待望の新製品登場は、ユーザーのみならずベンダーや代理店の期待も大きい。
 そこで今回はRadeon製品の筆頭格であるSAPPHIRE TECHNOLOGY LIMITED(本社:香港)と、国内正規代理店である株式会社アスク(本社:東京都千代田区)に、Radeonの今そして"近い将来”についてショートインタビューを実施。併せて現在の主力「NITRO+ RADEON RX 480 8G OC」の検証も行っている。

国内市場では、圧倒的にメモリ8GB版が人気

インタビューに応じてくれたのは、SAPPHIRE本社でMarketing Manager-APACを務めるSteve Choy氏。そして、国内正規代理店アスクからチャネル営業部の深江 祐介氏。話題は、昨年ヒットしたRadeon RX 400シリーズ、そして後半では今年登場が予定されている次世代GPUの「Vega」についても語ってくれた。

Steve Choy氏。長年にわたりSAPPHIRE本社でAPAC地域のMarketing Managerを担当。業界歴も長い
  • 編集部
    昨年(2016年)は「Radeon RX 400」シリーズが発売されました。SAPPHIREにとってはどんな1年でしたか。
  • Steve氏
    新型GPUのおかげで、非常に好調な1年でした。売り上げは前年(2015年)を上回っています。
  • 編集部
    最も売れたモデルはなんでしょうか。
  • Steve氏
    「Radeon RX 480」搭載グラフィックスカードです。
  • 編集部
    「Radeon RX 480」にはGDDR5 4GB版とGDDR5 8GB版があります。どちらが人気ですか。
  • Steve氏
    どちらも人気ですが、VR環境も楽しめるGDDR5 4GB版の価格設定を199ドルとしたAMDの戦略は、市場にインパクトを与えたと言えます。SAPPHIREもアジア市場では、4GB版の出荷数が多い。もちろん、より多くのメモリを求めるユーザーには8GB版がお勧めです。
  • 深江氏
    日本ではダントツで8GB版が売れています。これまでの傾向から、アスクでは8GB版を多く仕入れました。GeForce GTX 1060のGDDR5 3GB版もそうですが、メモリ容量が少ないモデルは、あまり人気が出ません。
アスクのRadeon担当といえばこの人、深江 祐介氏。AMDとも太いパイプを持つ情報通で、イベントの顔としてもおなじみ
  • 編集部
    日本市場の一番人気も「Radeon RX 480」ですか。
  • Steve氏
    出荷数ベースでは「Radeon RX 460」です。NVIDIAの弱いところであるミドルレンジ以下の価格帯ではRadeonが強いですね。GeForceの人気は、やはりGeForce GTX 1060以上ですから。
  • 編集部
    「Radeon RX 460」といえば、SAPPHIREの中国語サイトでのみ確認できる製品があります。StreamProcessorを1024に増やしたモデルのようですが、日本で発売予定はありますか。
  • Steve氏
    こればかりはAMDの決定なので、SAPPHIREでコントロールはできません。おそらく中国限定モデルになると思います。
SAPPHIREの中国語サイトで掲載されている1024SP版のRadeon RX 460。残念ながら日本市場への投入予定はないという
次は...  購入意欲をくすぐる「値ごろ感」。今人気の「Radeon RX 480」を試す

1 2 3 4 5

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us