エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
【ギークの殿堂 Vol.031】Androidスマホ史上最高の感動をありがとう!美しく最強な「Mi Mix」を手に入れたぞ
【コレオシ Vol.1418】「Tegra X1」搭載の最新Androidゲーム機「SHIELD PRO」あります
2月20日(月)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
RGB LED対応のCherry赤軸搭載ゲーミングキーボード、Ozone「SPECTRA」シリーズ
GTX 10シリーズ標準の「PSO2:設定6」推奨デスクトップPC計4モデルがLEVEL∞から
iiyamaPC、STYLE∞からKaby Lake標準の15.6型フルHDノートPC計3機種発売
ケーブル不要。どこでも使える充電式Cube型ポータブルプロジェクターがサンコーから
4系統のディスプレイ出力を搭載するIntel Q270マザーボード、ASUS「Q270M-C/CSM」
「おすそわけ充電」対応の8インチLTEタブレット「LG G Pad 8.0 Ⅲ」、J:COMから発売
11台の3.5インチドライブを同時コピーできるデュプリケーター、Addonics「Jasper II 11S」

HOTNEWS
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
● これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説
3細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
4NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
5「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談

Home > レビュー > 撮って出し
徹底的に安定性・耐久性にこだわるセミファンレスGOLD電源、CORSAIR「RM1000x」
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.459

徹底的に安定性・耐久性にこだわるセミファンレスGOLD電源、CORSAIR「RM1000x」


2015年12月7日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 エルミタでは約半年ぶりとなる電源ユニットレビュー。今回はCORSAIR(本社:アメリカ カリフォルニア州)の新GOLD認証電源「RMx」シリーズを取り上げる。
 105℃対応の日本製コンデンサや、オリジナルのライフルベアリングファンなど、高品質コンポーネントを採用することで、安定性・耐久性を追求。さらにセミファンレス駆動やフルモジュラーケーブルといった、イマドキの電源に求められる機能を網羅し、同社の新定番モデルの座を狙う注目の製品。本稿では国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)協力のもと1,000Wモデル「RM1000x」を借り受け、その実力をじっくりと検証していくことにしよう。
CORSAIR「RMx」シリーズ1,000Wモデル「RM1000x」(型番:CP-9020094-JP)
市場想定売価税抜25,550円前後(2015年12月19日発売)
製品情報(CORSAIR)(株式会社リンクスインターナショナル

新定番の座を狙うGOLD認証電源ユニット「RMx」シリーズ

これまでも数々の良質な電源ユニットを世に送り出してきたCORSAIR。そんな同社が新定番モデルとなるべくデビューさせたのが「RMx」シリーズだ。「RM」シリーズの後継に位置付けられる製品で、CORSAIR独自のシステム統合管理ツール「Corsair Link」こそ非対応ながら、すべてのコンデンサに高品質な日本製105℃コンデンサを採用。さらにこれまでのノウハウを生かした独自基板設計により、高い耐久性と安定性を実現している。

「RMx」シリーズでは、1次側・2次側すべてのコンデンサに日本製105℃コンデンサを採用する

ケーブルは必要なもののみ接続するフルモジュラー仕様で、供給電力の大きいATX 20+4pin、CPU 4+4pin、PCI-Express6+2pinのケーブルには、リップルを抑制するために固定コンデンサを内蔵する。また冷却ファンには、専用設計の口径135mmライフルベアリングファンをマウント。回転数は自動制御で、さらに電源ユニットの負荷が軽い場合には回転を停止する「Zero RPM Technology」により、低負荷状態であれば完全なファンレス駆動に対応するのも大きな特徴だ。

ATX 20+4pinケーブルには計3個の固体コンデンサを搭載。なお電源ケーブルを分解してしまうと、当然ながら製品保証は受けられなくなるので注意してほしい
CPU 4+4pinとPCI-Express 6+2pinケーブルにも固体コンデンサを実装。もちろんこれらもすべて日本製105℃コンデンサを採用する

製品ラインナップは550W、650W、750W、850W、1,000Wの計5モデル展開。国内発売は650W~850Wの3モデルが12月12日(土)から、550Wと1,000Wモデルはやや遅れて12月19日(土)から開始される予定。

電源への負荷率が40%以下の状態ならファンの回転を停止するセミファンレス駆動に対応する

次は...  +12V出力83.3Aを誇る「RMx」シリーズ最上位「RM1000x」

1 2 3 4 5 6 7 8

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us