エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.367

熱源を狙い撃つ頭脳派クーラー搭載。MSI「GTX 980 GAMING 4G」は“極静音”のハイエンド

2014.10.29 更新

文:GDM編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 グラフィックスカード市場で人気をさらっている、第2世代「Maxwell」アーキテクチャ採用GPU GeForce GTX 980/970。低発熱かつ低消費電力というハイエンドらしからぬ性格が最大のトピックで、最近はその特長を生かしたセミファンレス仕様のモデルが話題になっている。
 今回取り上げるMSI(本社:台湾)のGTX 980グラフィックス「GTX 980 GAMING 4G」もその一角で、搭載するクーラーは最新世代の「Twin Frozr V」。単なるセミファンレス仕様を超えた、頭脳派な挙動は要注目だ。
MSI「GTX 980 GAMING 4G」 実勢売価78,000円前後
製品情報(エムエスアイコンピュータージャパン株式会社

似て非なる最上位。最新クーラー「Twin Frozr V」の新機能とは

ハイエンド向けGPUとしては久しぶりのヒットとなったGTX 980/970は、圧倒的ワットパフォーマンスで名を馳せた「Maxwell」の第2世代アーキテクチャを採用している。最上位のGTX 980ですらTDP165Wとミドルレンジ級で、その控えめな発熱特性を生かしたセミファンレスクーラーの搭載は新たなトレンドだ。
 そしてその潮流に乗ってMSIがデビューさせた、セミファンレス仕様の最新型クーラーが「Twin Frozr V」。先だってレビューをお届けした「GTX 970 GAMING 4G」に初搭載されたクーラーで、優れた冷却パフォーマンスとスマートな挙動を両立させている。それでは今回の主役である「GTX 980 GAMING 4G」は、同じクーラーを採用した上位GPUモデルなのだろうか?といえば、実はそうではない。

先行して登場したGTX 970モデルと同様、クーラーにはセミファンレス動作に対応する最新世代の「Twin Frozr V」が搭載されている

新設計された100mm径デュアルファンと、大型ヒートパイプを備えた全銅製ヒートシンクを組み合わせる外観はほとんど同じ。一定以下の発熱ではファンが回転しないセミファンレス機能「Zero Frozr」もまた同様だが、「GTX 980 GAMING 4G」には新たに2つのファンを個別コントロールする「Hybrid Frozr」という新機能が実装されている。基板上の各所に配置されたセンサーが温度を計測、必要な箇所を必要な分だけ冷却するという賢い仕組みだ。グラフィックスカードのクーラーもここまで進化したのか、という印象を受けるのは筆者だけではないだろう。

OC仕様でタフなGTX 980グラフィックス「GTX 980 GAMING 4G」

GeForce GTX 980搭載グラフィックス「GTX 980 GAMING 4G」。「Twin Frozr V」の冷却性能を生かし、出荷時からオーバークロックが施されている

さて、その新機能を備えた「Twin Frozr V」を搭載する「GTX 980 GAMING 4G」は、MSI「GAMING Series」の例にもれず標準でカスタマイズが施されたオーバークロック仕様に仕上げられている。独自のチューニングユーティリティ「Gaming APP」を組み合わせれば、最大でコアベースクロック1,216MHz(リファレンス1,126MHz)、ブーストクロック1,317MHz(同1,216MHz)へとパワーアップ。GPU解禁当初の主流だったリファレンスモデルを凌駕するパフォーマンスを発揮する。
 また、MSIならではの特長として、独自の品質規格「ミリタリークラス4」に準拠するタフネスが挙げられる。米軍事調達規格「MIL-STD-810G」をクリアする高品質コンポーネントを搭載。多少の無茶を許容する高い耐久性と、長期運用を可能にする安定動作を実現した設計だ。

totop