エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.204

小さいながら痒いところに手が届く。素敵にハイエンドなMini-ITXマザーZOTAC「A75ITX-B-E」で遊ぶ

2013.01.26 更新

文:GDM編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 ラインナップも充実し、すっかり自作ファミリーの一員として定着した感のあるMini-ITXフォームファクタ。小さいながらに存在感あふれる製品群は、フルサイズのマザーボードとは一風違った自作の面白さを提供してくれる。
 今回その中からチョイスするのは、コンパクトPCや小型フォームファクタを積極的にリリースするZOTAC(本社:香港)のプレミアムモデル「A75ITX-B-E」。グラフィックス性能に優れるTrinityのパフォーマンスに、小振りなサイズをギリギリまで使い切ろうという意欲的な搭載機能を組み合わせたハイエンドなMini-ITXマザーボードだ。ある意味“全部入り”とも言える小世界は果たしてどこまでのニーズを受け止めてくれるのか、株式会社アスク(本社:東京都千代田区)より借り受けたサンプルをいじり回し、小さいながらの懐の深さを体感してみよう。

フルサイズ並の通信機能に良好な拡張性。小さな“全部入り”Trinityマザー

A75ITX-B-E
ZOTAC「A75ITX-B-E」実勢売価13,800円
製品情報(株式会社アスク

さて、今回手に取ったAMD A75チップセット搭載のSocket FM2マザーボード「A75ITX-B-E」。ZOTACが展開するMini-ITXシリーズの上位モデルに位置付けられる製品で、170mm四方の小さな世界には贅沢な機能の数々が盛り込まれている。
 まず最も目を引くと思われる背面のWi-Fiアンテナが示す通りのIEEE 802.11n対応無線LAN機能を筆頭に、Bluetooth 4.0、さらには2系統のギガビットLANポートと、非常に強力な通信機能を備えている。ストレージやインターフェイス面も抜かりなく、RAID対応のSATA3.0(6Gbps)×4や、USB3.0×8(バックパネル×6、ヘッダピン×2)、USB2.0×2(ヘッダピン×2)、8ch HDオーディオ、Digital Optical S/PDIF×1を実装、一般的なフルサイズのマザーボードに迫る拡張性を秘めているのだ。

A75ITX-B-E
小さいながら、拡張スロット以外はフルサイズマザーに匹敵する拡張性を備えている「A75ITX-B-E」。製品の特徴でもあるワイヤレスモジュールは予めminiPCI-Expressスロットに装着されている

AMDの第2世代APU“Trinity”に対応し、Dual-link DVI×1とHDMI×1による2画面出力をサポート。拡張スロットはPCI-Express2.0(×16)×1を備え、別途グラフィックスカードを導入すればさらなるグラフィックス性能の向上も可能だ。もっとも、AMD Radeon HD 7000シリーズを内蔵するTrinityであれば大抵のことは事足りてしまうため、搭載機能だけで満腹の人も多いはず。フルサイズマザーから拡張スロットを切り取っただけと言っても過言ではなく、コンパクトなMini-ITXマザーボードとしては“全部入り”といってもいい存在だ。
A75ITX-B-E

中も外もコンパクト。必要十分が詰まったオレンジのパッケージ

もはやお馴染みとなったオレンジとブラックのコーポレートカラーを身にまとう「A75ITX-B-E」のパッケージ。サイズはMini-ITX基板がようやく収まるコンパクトサイズで、付属品もドライバCDやSATAケーブル、Wi-Fiアンテナが入っている程度。一式組む際の荷物も全部合わせて片手で済んでしまうかもしれない。ある種、日曜大工的な気軽さで組み立てられるのもMini-ITXフォームファクタの魅力といえる。

A75ITX-B-E A75ITX-B-E
遠くからでもそれと分かる、ZOTACのコーポレートカラーに身を包んだパッケージ。手に取ったら裏面で簡単に搭載機能の概要を確認しておこう
A75ITX-B-E
CPUソケットとクーラー用のリテンションが一際大きく見えるコンパクト基板。まさに凝縮されたという言葉がピッタリで、リテンションの内側に至るまでコンポーネントが隙間なく配置されている
A75ITX-B-E パッケージには、ドライバCD、SATAケーブル×4、DVI to D-Sub変換アダプタ×1、Wi-Fiアンテナ×2、IOパネル、マニュアルが付属する
totop