Cooler Master、Ryzen ThreadripperをOCできる大型クーラー「MasterAir MA621P TR4」

2019.03.11 17:00 更新

2019.03.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Cooler Master Technology(本社:台湾)は2019年3月11日、AMD Socket TR4に対応したツインタワー仕様のサイドフロー型クーラー「MasterAir MA621P TR4 Edition」について、国内向け取扱い開始を発表した。3月15日に発売予定で、市場想定価格は税抜6,580円。
  • Cooler Master、Ryzen ThreadripperをOCできる大型クーラー「MasterAir MA621P TR4」
  • Cooler Master、Ryzen ThreadripperをOCできる大型クーラー「MasterAir MA621P TR4」

オプションでトリプルファンも搭載可。6本パイプが接する「CDC2.0」採用

MasterAir MA621P TR4 Edition(型番:MAP-D6PN-218PC-R2) 市場想定売価税抜6,580円(3月15日発売予定)
https://apac.coolermaster.com/jp/cooling/cpu-air-cooler/masterair-ma621p-tr4-edition/

Cooler Masterより、AMD Socket TR4用のサイドフロー型空冷クーラー「MasterAir MA621P TR4 Edition」がリリース。ツインタワー型ヒートシンクと2基の冷却ファンを組み合わせ、Ryzen Threadripperのオーバークロックにも対応する。

MasterAir_MA621P_TR4_600x450c MasterAir_MA621P_TR4_600x450d

放熱面積を最大化するためのツインタワー型ヒートシンクは、それぞれが6本の銅製ヒートパイプで連結されている。Socket TR4専用に設計されたベース部は、「CDC(Continuous Direct Contact)」技術を改良した「CDC2.0(Continuous Direct Contact 2.0)」を採用。6本のパイプすべてがCPUと接することで、効率的に熱を吸い上げる仕様だ。

冷却ファンは、120mm口径の「MasterFan MF120R RGB」を2基搭載。オプションでもう1基を追加し、トリプルファン仕様にアップグレードすることもできる。冷却ファンの仕様は、回転数600~1,800pm±10%、最大風量53.4CFM±10%、最大静圧1.65mmH2O±10%、最大騒音31dBAなど。

外形寸法W121.8×D136.1×H164.5mm、ヒートシンク重量は870g。なお製品には有線のRGB LEDコントローラが付属、簡単なスイッチ操作でRGBファンのカラーリングをカスタマイズできる。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Cooler Master Technology: https://apac.coolermaster.com/jp/

totop