Intel、Optaneキャッシュ搭載のQLC NAND SSD「Optane Memory H10」を準備中

2019.01.09 11:30 更新

2019.01.08 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2019年1月8日(現地時間)、キャッシュ用のOptaneメモリを搭載したQLC NAND採用SSD「Optane Memory H10」シリーズを準備中であることを発表した。なお発売は2019年春を予定している。
  • Intel、Optaneキャッシュ搭載のQLC NAND SSD「Optane Memory H10」を準備中

大容量かつ高速アクセスを実現したキャッシュ搭載SSD

Intelは、低レイテンシで耐久性に優れるOptaneメモリを、オンボードキャッシュとして備えたM.2 SSD「Optane Memory H10」シリーズを準備中であると発表した。

現時点で詳細スペックはアナウンスされていないが、NANDフラッシュにはIntel製3D QLC NANDを採用。また頻繁にアクセスするデータを学習するスマートキャッシュ機能を備え、最大1TBの大容量と高速なアクセス速度を両立できるという。

なお発売は2019年春を予定しており、詳細については判明次第またお伝えする。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop