税込6万円の50インチ4K液晶ディスプレイ、ピクセラ「PIX-50MX100」22日発売

2018.03.14 12:16 更新

2018.03.14 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社ピクセラ(本社:大阪府大阪市)は2018年3月14日、4K液晶ディスプレイの新モデル「MX」シリーズを発表。製品ラインナップは43インチの「PIX-43MX100」と、50インチの「PIX-50MX100」の2モデル展開。いずれも3月22日より販売が開始され、直販価格は税込84,758円と税込59,799円。
  • 税込6万円の50インチ4K液晶ディスプレイ、ピクセラ「PIX-50MX100」22日発売
  • 税込6万円の50インチ4K液晶ディスプレイ、ピクセラ「PIX-50MX100」22日発売

4K HDR対応の43インチモデルも同時発売

MXシリーズ(3月22日発売)
http://www.pixela.co.jp/company/news/2018/20180314.html
PIX-50MX100 直販価格税込59,799円(発売)
https://shop.pixela.co.jp/pix-50mx100.html
PIX-43MX100 直販価格税込84,758円
https://shop.pixela.co.jp/pix-43mx100.html

ピクセラが展開中のスマートホームハブ「PIXELA」ブランドより、4K液晶ディスプレイ「MX」シリーズがリリース。3月22日より販売が開始される。

「PIX-50MX100」は、50インチサイズながら税込59,799円という低価格が魅力のコストパフォーマンスモデル。液晶パネルは視野角水平/垂直178°のノングレアVA方式で、輝度350cd/㎡、コントラスト比4,000:1、応答速度9.5ms。

インターフェイスはHDMI2.0×1、DisplayPort1.2a×1、DualLink DVI-D×1、3.5mmステレオミニジャック×1で、10W+10Wのステレオスピーカーを内蔵。また10mmの極細フレームと高級感のあるメタルスタンドを採用する。外形寸法はW1,122×D198×H647mm、重量約10.3kg。

「PIX-43MX100」は、エッジライト型LEDを採用し、HDR表示に対応する43インチモデル。液晶パネルは視野角水平/垂直178°のノングレアIPS方式で、輝度350cd/㎡、コントラスト比1,100:1、応答速度9ms。

インターフェイスはHDMI2.0×2、DisplayPort1.2a×2、miniDisplayPort×1、USB×5、3.5mmステレオミニジャック×1で、7W+7Wのステレオスピーカーを内蔵。外形寸法はW966×D255×H617mm、重量約12.7kg。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
株式会社ピクセラ: http://www.pixela.co.jp/

totop