NVIDIA、Pascalアーキテクチャのワークステーション向け最新GPU「Quadro GP100」発表

2017.02.06 11:12 更新

2017.02.05 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
NVIDIA Corporation(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は2017年2月5日(現地時間)、Pascalアーキテクチャを採用するハイエンドGPU「Quadro GP100」など、ワークステーション向けの最新GPUを発表した。
  • NVIDIA、Pascalアーキテクチャのワークステーション向け最新GPU「Quadro GP100」発表

積層メモリ「HBM2」採用。「NVLink」によるマルチGPUにも対応

NVIDIA Powers New Class of Supercomputing Workstations with Breakthrough Capabilities for Design and Engineering
http://nvidianews.nvidia.com/news/nvidia-powers-new-class-of-supercomputing-workstations-with-breakthrough-capabilities-for-design-and-engineering

NVIDIAより、Pascalアーキテクチャの最新ワークステーション向けGPU「Quadro」シリーズを発表。「GP100」コアを採用したハイエンドGPU「Quadro GP100」など、全6製品が近く出荷開始される。

「Quadro GP100」が採用する「GP100」は、32bit浮動小数点演算用CUDAコア3,584基64bit浮動小数点演算用CUDAコア1,792基を搭載。倍精度演算性能5 TFLOPS、単精度10 TFLOPS、半精度20 TFLOPSの高い演算性能を発揮する。なお、「GP100」はデータセンター向けのGPUアクセラレータ「Tesla P100」にも採用されているが、「Quadro」シリーズでは初採用となる。

ビデオメモリには帯域幅720MB/sの高速な積層メモリ「HBM2」が採用され、容量は16GBを実装する。また、超高速インターコネクト技術「NVLink」を利用した最大2-WayのマルチGPUに対応。VRもサポートしている。

出力インターフェイスは、DisplayPort 1.4×4とDVI×1を備え、最大4系統の4K(4,096×2,160ドット)/120Hzまたは5K(5,120×2,880ドット)/60Hzディスプレイに出力できる。

そのほか、いずれもMaxwellアーキテクチャから性能向上を実現した、下位モデルの「Quadro P4000」「Quadro P2000」「Quadro P1000」「Quadro P600」「Quadro P400」も同時に発表されている。

なお、これら「Quadro」シリーズの新型GPUについて、株式会社エルザジャパン(本社:東京都港区)より新規取り扱い開始がアナウンス。今春にも国内向けに発売が開始される。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
NVIDIA Corporation: http://www.nvidia.com/

totop