M.2 SSDの温度を約15℃下げるサーマルパッド、SilverStone「SST-TP01-M2」

2017.01.11 12:34 更新

2017.01.10 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD
SilverStone Technology(本社:台湾)は2017年1月10日(現地時間)、M.2 SSDの放熱を補助するサーマルパッド「SST-TP01-M2」を発表した。
  • M.2 SSDの温度を約15℃下げるサーマルパッド、SilverStone「SST-TP01-M2」
  • M.2 SSDの温度を約15℃下げるサーマルパッド、SilverStone「SST-TP01-M2」

変換基板やマザーボードを使いM.2 SSDを効率的に冷却

「SST-TP01-M2」は、M.2-PCI-Express変換基板やマザーボードと、M.2 SSDの間に挟み込んで使用するサーマルパッド。

このアイテムを使うことで、NVMe M.2 SSDで発生した熱を変換基板やマザーボードに拡散。これにより、放熱面積を拡大でき、SSDの温度を下げることができる。なお同社のテストによれば、変換基板に取り付けることで、SSDの温度を86℃→71.4℃へ14.6℃下げることができたという。

M.2 SSDから発生した熱を変換基板やマザーボードに拡散し、温度を下げる仕組み

素材は非伝導性シリコーンで、熱伝導率は4W/mk、動作温度は-40~200℃。対応フォームファクタはM.2 22110までで、片面実装用の1.5mm厚と両面実装用の0.5mm厚の2種類のサーマルパッドが付属する。なおM.2コネクタの高さは4mm未満までに制限される点には注意が必要だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
SilverStone Technology: http://www.silverstonetek.com/

totop