インテル、ID保護機能を強化した最新第6世代Core vProプロセッサを発表

2016.04.21 14:51 更新

2016.04.21 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
インテル株式会社(本社:東京都千代田区)は2016年4月21日、ハードウェア支援型多要素認証ソリューション「Authenticate」を搭載する、オフィス向けプロセッサ「第6世代Core vPro」シリーズを発表した。
  • インテル、ID保護機能を強化した最新第6世代Core vProプロセッサを発表

5年前のPCに比べてパフォーマンスは2.5倍、バッテリー駆動時間は3倍に

インテル、最新の職場環境を実現する第 6 世代インテル Core vPro プロセッサーを発表
http://newsroom.intel.co.jp/news-releases/

インテルは、オフィス向けプロセッサの最新モデル「第6世代Core vPro」シリーズを発表した。

同社によれば第6世代Core vProを搭載したPCは、5年前の製品から性能は最大2.5 倍、バッテリー駆動時間は最大3倍に延長。さらにグラフィクス性能は最大30倍に向上しており、リプレースにより生産性を改善し、TCOを削減できる。

またハードウェア支援型の多要素認証ソリューション「Authenticate」が新たに実装され、ID保護機能が強化。企業の総合的なセキュリティ環境を改善できるとしている。

なお本プロセッサを搭載したPCは、Dell、富士通、HP、NEC、Lenovo、パナソニック、東芝などから順次発売が開始される。

文: GDM編集部 池西 樹
インテル株式会社: http://www.intel.co.jp/

totop