1万円強で買える、最小サイズのWi-Fi対応レーザープリンター「EPR-LS01W」がエレコムから

2014.09.30 15:06 更新

2014.09.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
エレコム株式会社(本社:大阪市中央区)は2014年9月30日、国内最小サイズを実現した無線LAN接続対応のA4モノクロレーザープリンター「EPR-LS01W」を発表した。市場想定売価は10,800円で、10月中旬より発売開始される。
  • 1万円強で買える、最小サイズのWi-Fi対応レーザープリンター「EPR-LS01W」がエレコムから
  • 1万円強で買える、最小サイズのWi-Fi対応レーザープリンター「EPR-LS01W」がエレコムから

PCからスマホから、ワイヤレスで繋がる最小サイズのモノクロレーザープリンター

EPR-LS01W 市場想定売価税抜10,800円(10月中旬発売予定)
ETN-01(専用トナーカートリッジ) 市場想定売価5,800円(10月中旬発売予定)
http://www.elecom.co.jp/news/201409/epr-ls01w/index.html

無線LAN対応のA4レーザープリンターとして、国内最小サイズを実現した「EPR-LS01W」がエレコムから10月に発売開始される。カウンターやデスクサイド、書棚など狭小なスペースにも設置可能で、置き場所を選ばない。無線LANに対応するため、PC以外にもスマートフォンやタブレットから直接ワイヤレスで印刷できる。

無線LANはIEEE802.11b/g/nに対応。Android端末では専用アプリ「ELEPRINT」を使用、iOS向けにはAirprintをサポートするため、メニューから接続先として選択するだけで印刷できる。
 また、600MHz動作のプロセッサ、128MBメモリを搭載するハイスペック仕様により、ストレスのない高速処理を実現。1分間にA4サイズ片面22枚(解像度1,200×600dpi)を印刷することができる。さらに給紙・排紙・トナー交換を全てフロントから処理できる設計を採用、メンテナンス性の高さも特長とする。

接続インターフェイスは無線LANとUSB2.0。用紙サイズはA4サイズからはがき、封筒など幅広く対応。動作音は待機時30dB、動作時52dBとされる。外形寸法W337×D220×H178mm、重量約4kg。

文: GDM編集部 絵踏 一
エレコム株式会社: http://www.elecom.co.jp/

totop