Thermalright、銅製ヒートパイプ8本のファンレスCPUクーラー「HR22」正式リリース

2013.10.29 10:55 更新

2013.10.29 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Thermalright(本社:台湾)は2013年10月26日(現地時間)、φ6mmの銅製ヒートパイプを8本搭載したファンレスCPUクーラー「HR22」を発表した。
  • Thermalright、銅製ヒートパイプ8本のファンレスCPUクーラー「HR22」正式リリース
  • Thermalright、銅製ヒートパイプ8本のファンレスCPUクーラー「HR22」正式リリース

メモリスロットやPCI-Expressスロットとの干渉を防ぐ“軸変位”デザインを採用

Thermalrightブランドから、φ6mmの銅製ヒートパイプを8本搭載したファンレスCPUクーラー「HR22」が正式リリースされた。

受熱ベースには、純度99.9%を誇るC1100銅が採用され、CPUから発生する熱を素早くヒートパイプに移動。これを独自空力デザインとエアフロートンネルを備えた35枚のフィンを使い冷却することで、ファンレスでの安定動作を可能にしている。

またヒートシンク部をずらした“軸変位”デザインにより、メモリスロットやPCI-Expressスロットとの干渉を排除。拡張性を犠牲にすることなく、ファンレスPCを組み上げることができる。

フィン厚は0.5mm、間隔は2.8mmで、外形寸法は、W120×L150×H159mm、重量1,120g。対応フォームファクはE-ATX、ATX、MicroATXとされ、対応プラットフォームは、Intel LGA2011/1366/1156/1155/1150/775、AMD Socket FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+AM2。

文: GDM編集部 池西 樹
Thermalright: http://www.thermalright.com/

totop