アビー、ATX電源を搭載できる最小クラスのMini-ITXキューブケース復刻。「acubic C10R」99台限定で発売

2012.12.25 12:53 更新

2012.12.21 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
アビー株式会社(本社:横浜市神奈川区)は2012年12月21日、人気を博したMini-ITXケース「acubic C10」のフロントフェイスにアクリルパネルを採用した限定モデル「acubic C10R」を発売した。99台の限定生産で、直販売価は27,980円。豊富な5色のカラーバリエーションをラインナンプする。
  • アビー、ATX電源を搭載できる最小クラスのMini-ITXキューブケース復刻。「acubic C10R」99台限定で発売
  • アビー、ATX電源を搭載できる最小クラスのMini-ITXキューブケース復刻。「acubic C10R」99台限定で発売
  • アビー、ATX電源を搭載できる最小クラスのMini-ITXキューブケース復刻。「acubic C10R」99台限定で発売

余裕たっぷりなコンパクトキューブが復活。ラインナンプは選べる5色

acubic C10R 直販売価税込27,980円(発売中)
ブラック/ブルー/レッド/シルバー/ピュアホワイト
http://abee.co.jp/Product/CASE/acubic/C10R/index.html

優れた搭載能力とコンパクトさを兼備するMini-ITXケースの新モデル「acubic C10R」がアビーより発売された。生産を終了したかつての人気モデル「acubic C10」のカスタム復刻モデルで、フロントにアクリルパネルを採用するのが特徴。シャシーは高剛性なスチール製で、トップとサイドパネルはアルミニウム合金が採用される。生産台数は限定99台で、カラーバリエーションはブラック、ブルー、レッド、シルバー、ピュアホワイトの5色。

外形寸法W229×D239×H229mmとクラス最高水準のコンパクトボディながら、奥行き約190mmの拡張カードや全高約55mmのCPUクーラーに対応する余裕たっぷりな内部空間をもつ。ドライブベイレイアウトは、5.25インチオープンベイ×1、3.5インチシャドウベイ×1、2.5インチシャドウベイ×1で、それぞれメンテナンス性に優れる着脱式を採用する。
 冷却ファンはフロントに120mmのNANO TEK FAN×1を実装するほか、オプションで60mmファン×2を追加できる。

電源ユニットは一般的なATX電源に対応し、製品には奥行き140mm未満と奥行き150mm超の電源ユニットを搭載できるPSUホルダ(S/L)が付属する。また、別売りのオプションでACアダプタにも対応可能だ。そのほか、本体重量は約3.2kg。

文: GDM編集部 絵踏 一
アビー株式会社: http://abee.co.jp/

totop