エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.672

6コアCPU対応でパワフルに生まれ変わった超小型ベアボーンASRock「DeskMini 310」

2018.07.21 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ATX電源ユニットとほぼ同等サイズながらデスクトップCPUを搭載できる高い性能と、優れたコストパフォーマンスから人気を博した、ASRock Incorporation(本社:台湾)の小型ベアボーンキット「DeskMini」シリーズに、待望の新作「DeskMini 310」(型番:DeskMini 310/B/BB/JP)が登場した。筐体サイズはそのままに、チップセットをIntel H310に刷新。Coffee Lake世代の6コアCPUをサポートし、よりパワフルに生まれ変わったその実力を早速検証していこう。
dm310_10_1024x768
ASRock「DeskMini 310」(型番:DeskMini 310/B/BB/JP)
市場想定売価税抜17,600円前後(7月6日発売)
製品情報(ASRock

Intel H310チップのMini-STXマザーボードを採用する「DeskMini 310」

Intelが提唱する5インチ角(約127mm)のMini-STXフォームファクタを採用し、容量わずか1.92リットルというコンパクトサイズを実現したASRockの人気コンパクトベアボーンキット「DeskMini 110」に、待望の後継モデル「DeskMini 310」が登場した。

CPUソケットはLGA1151のまま変更ないが、搭載チップセットはこれまでのIntel H110からIntel H310へとアップグレードされ、最大TDP65WまでのCoffee Lakeこと第8世代Coreシリーズをサポート。これにより6コアCPUを選択できるようになり、コンパクトな筐体サイズを活かしつつ、さらにパフォーマンスに優れるPCを構築できるようになった。

dm310_14_1024x768
チップセットはIntel H310、ソケットはLGA1151で、CPUはTDP65WまでのCoffee Lakeに対応する

またメモリクロックも2,400MHzから2,666MHzに引き上げられた他、「Ultra M.2」スロットはPCI-Express専用から、SATA3.0(6Gbps)/PCI-Express両対応に変更され、より幅広いSSDを搭載可能。さらにマザーボード裏面にはLinux OSの起動ドライブやストレージバッファとして利用できるmicroSDスロットが新たに追加されるなど、随所に改良が加えられている。

dm310_08_1024x768
W155×D155×H80mmのコンパクト筐体を採用する「DeskMini 310」。筐体素材には堅牢性に優れるスチールを採用する

その他の仕様はほぼ先代モデルを踏襲しており、ドライブベイは2.5インチシャドウベイ×2(SATA3.0)、インターフェイスはフロントがUSB3.1 Gen.1 Type-A×1、USB3.1 Gen.1 Type-C×1、オーディオ端子×2、リアがギガビットLAN×1、USB3.1 Gen.1 Type-A×1、USB2.0×1。ディスプレイ出力は、DisplayPort×1、HDMI×1、D-Sub×1の3系統を備え、オンボードグラフィックスによるデュアルディスプレイの構築が可能だ。

dm310_01_1024x768 dm310_02_1024x768
今回編集部に届けられたのは発売前の評価サンプルということで「DeskMini 110」のパッケージが流用されていた。実際の製品では製品名のロゴが「DeskMini Series」に変更されている
dm310_03_1024x768
パッケージを開封したところ。本体は衝撃を吸収する発泡スチロールの緩衝材に保護された状態で収納されていた
DM310_001_spec_600x421
totop