エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
【コレオシ Vol.1402】オレの腕時計が“スマートウォッチ風”に変身する、便利で安い「ウォッチブル」
高耐久フルスチールフレーム採用のゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」2月3日発売
UQ mobile SIMも使える、au 4G LTE対応の激安中古モバイルルーター【イオシス アキバ中央通店】
1月19日(木)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
曲ごとにオートで区切る、サンコー「PC不要!自動で曲間分割するMP3変換プレイヤー」
ラトック、3.5インチHDD対応の2ベイRAIDケース「RS-EC32-U3」シリーズ
読込10GB/secのPCIe3.0対応NVMe SSD、Seagate「Nytro XP7200」正式発表
Innodisk、世界最小のSSD向けRAIDソリューション「iRAID」シリーズ
テレビ音声も聞けるFM/AMハンディラジオ、ロジテック「LRT-1SA01P」発売
フルハイビジョン録画に対応するネットワークカメラ、プラネックス「カメラ一発!」

HOTNEWS
● Pascal初のロープロ対応グラフィックスカード、MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」検証
● “2枚看板”の間を割って入るサイドフロー型CPUクーラー、サイズ「IZUNA」検証
● 独自機能で武装した新ハイエンドゲーミングマザー、MSI「Z270 GAMING M7」検証
● ハイエンド匹敵のポテンシャルが魅力。Kabylake世代の新アッパーミドルASRock「Z270 Gaming K6」
● Intelの新メインストリーム“Kabylake”はどう変わった?「Core i7-7700K」速攻チェック


1Pascal初のロープロ対応グラフィックスカード、MSI「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」検証
2「問題はCPU」(1/14) ・・・複数関係者談談
3“2枚看板”の間を割って入るサイドフロー型CPUクーラー、サイズ「IZUNA」検証
4Intelの新メインストリーム“Kabylake”はどう変わった?「Core i7-7700K」速攻チェック
5ハイエンド匹敵のポテンシャルが魅力。Kabylake世代の新アッパーミドルASRock「Z270 Gaming K6」

Home > レビュー > 撮って出し
これで全てが分かる。Fractal Design「Define C」徹底解説
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.526

これで全てが分かる。Fractal Design「Define C」徹底解説


2016年11月21日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 新製品が出る毎に、大きな注目を集めるFractal Design(本社:スウェーデン)。このほど新たにお目見えしたのは、必要なものを残し、不要なものを削り落としたミドルタワーPCケース「Define C」だ。今回は国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)より評価サンプルを借り受け、いち早く徹底検証をお届けしよう。

無駄を省く事でコンパクト化に成功した「Define C」の誕生

世界中の自作派達を魅了するFractal DesignのミドルタワーPCケース「Define」シリーズに、”意外な新作”が加わった。無駄な空間を無くす事でコンパクト化に成功したという「Define C」シリーズだ。
 2016年10月に未発表モデルが国内で初披露されるという情報がアナウンスされて以来、多くのユーザーは大ヒット作「Define R5」の後継モデルを想定した。Fractal Designはこれまで、「Define R4」を2012年8月、「Define R5」を2014年12月にリリース。約2年おきに新作を投入する看板シリーズとあって、年内最後とおぼしき新モデル発表に大きな注目が集まったというワケだ。

Fractal Design「Define C Black -Window」(型番:FD-CA-DEF-C-BK-W)
市場想定売価税抜12,980円(2016年11月25日発売)
製品情報(Fractal Design

定番の「Define R5」と、いつかは発売されるであろう「Rx」の間に躍り出た格好の「Define C」シリーズ。対応フォームファクタはATX、MicroATX、Mini-ITXで、カテゴライズではミドルタワーPCケースだ。密閉型の外観からは、静音志向の強いモデルである事が想像できる。なお製品資料によると、空きベイや未使用のマウンターを削減する事で、省スペース化を実現。静音志向でありながら通気性の高さもアピールされている。

ラインナップはベースとなる「Define C」(型番:FD-CA-DEF-C-BK)と、左側面にアクリル窓を備えた「Define C Black -Window」(型番:FD-CA-DEF-C-BK-W)の2モデルが用意される。ともにブラックのみの1カラー展開だ。

スペック表に見るFractal Design「Define C」

省スペース設計のミドルタワーPCケース「Define C」をスペック表から読み解いていこう。ここでスケール感を把握すべく、「Define R5」とサイズの比較をしてみたい。「Define C」は幅210mm、奥行き399mm、高さ440mmで、「Define R5」に比べ、幅-22mm(23mm)、奥行き-122mm(521mm)、高さ-11mm(451mm)と、ボディサイズはそれぞれ絞り込まれている。

ドライブベイレイアウトは2.5インチ共用の3.5インチシャドウベイが2段、2.5インチ専用のシャドウベイが3段とされ、最大で5台のストレージがマウントできる。コンパクト設計ながら、収納力はほどよく確保されている印象だ。一方の冷却機構については、フロント120mm口径×3基または140mm口径×2基(120mm口径ファン×1基標準装備)、リア120mm口径×1基(標準装備)、トップ120mmまたは140mm口径2基、ボトム120mm口径×1基。デフォルトの状態では密閉型に見えるが、実際には最大で7基の冷却ファンが搭載できる。

素材はシャーシがスチールで、副素材にプラスチック(ABS樹脂)を使用。その他詳細については、実機に触れながら解説を進めていこう。なおパッケージサイズは幅290mm、奥行き543mm、高さ484mmで、付属品や緩衝材を含めた総重量は8.9kgとされる。PCケースとしては店頭持ち帰りが可能なレベルだ。

次は...  Fractal Design「Define C」外観デザインチェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us