エルミタ的「編集部で使ってみた」

WindowsもAndroidもこれ1台。デュアルOS対応の中華タブレットChuwi「Hi8」を試す

2015.07.16 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 先進的な機能に加え、安価な価格設定でコアなファンを持つ中華タブレット。近頃では、特にWindowsとAndroidのデュアルOSを搭載し、用途に合わせて切り替えられる製品に人気が集まっている。そこで今回は、Chuwi(本社:中国)ブランドの新型タブレット「Hi8」をチョイス。デュアルOS対応に加え、WUXGA(1,920×1,020ドット)の高解像度IPSパネルや、最大2.16GHz動作のAtom Z3736Fの採用など、基本スペックも侮れない格安タブレット。OSの日本語化など、中華タブレットならではの作業も含め、その使い勝手を検証してみた。
Chuwi「Hi8」(発売中)
市場想定売価16,000円前後(製品情報

Windows 8.1/Android 4.4のデュアルOSに対応する格安8インチタブレット

今回紹介する「Hi8」は、Windows 8.1 with Bing 32bit版Android 4.4のデュアルOSを搭載し、用途に合わせて自由に切り替えて使用できる8インチタブレットPC。

WindowsからAndroidへの切り替えはタスクバーの“Androidロゴ”から行うことができる AndroidからWindowsへの切り替えはスライドメニューに登録されている“OS SWITCH”から行うことができる

売価約16,000円という格安モデルながら、液晶にはWUXGA(1,920×1,200ドット)の高解像度IPSパネルを採用。さらに最高2.16GHz駆動に対応するAtom Z3736F(4コア/定格1.33GHz/バースト時2.16GHz/キャッシュ2MB/TDP2.2W)や、DDR3L 2GBメモリを搭載するなど、基本スペックはほどよく充実している。

プロセッサにはAtom Z3736Fを採用。低価格モデルでの採用例が多い、Atom Z3735Fに比べるとバースト時のクロックは1.83GHzから2.16GHzへと引き上げられている

その他、ストレージは32GB eMMCを標準装備。インターフェイスは、フロント30万画素/リア200万画素Webカメラ、microUSB×1、3.5mmヘッドホンジャック×1、microSDカードスロット×1、Wi-Fi GPSを備え、ネットワークはIEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0に対応する。

秋葉原でも今月はじめより発売開始。実物を確認したい人は足を運んでみるといいだろう

バッテリー容量は5,000mAhで、公称駆動時間は約8時間。バッテリーベンチマークソフト「BBench」による計測(キーボード押下/Web巡回機能いずれも有効)では、バランス設定で5時間12分の駆動が可能だったことから、半日程度の持ち運びなら問題ないだろう。なおインストールされるOSは中文版だが、マルチランゲージに対応するため、後述する手順によって日本語化することができる。

飾り気のないパッケージ。サイズは実測で240×153×45mmのコンパクト設計
パッケージに貼り付けられた簡易スペック表には、WindowsとAndroidのデュアルOS対応が謳われている

totop