エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
ASUS、ASRock製マザーボードの値引きセールがスタート【ドスパラ パーツ館】
お買い得な同時購入値引きをチェックしておく【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】
【オレスマホ Vol.054】バックヤードのラズパイで動かす、在庫管理アプリ「東映フォース」を作ってみたよ
【コレオシ Vol.1380】大容量の録画専用マシンにぴったりなPCケース、SilverStone「SST-CS380」
12月6日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
アスク、Super Micro ComputerのゲーミングブランドSuperO製品の取り扱い開始を発表
センチュリー、フルHD IPSパネル採用の11.6インチモバイル液晶「plus one Full HD」
売価6,500円。コスト重視のエントリーミドルタワー、SilverStone「SST-PS14B」16日発売
SilverStone、フロントメッシュの高冷却ケース「SST-RL05」シリーズに新色2モデル投入
SilverStoneのフロントメッシュミドルタワー「SST-PM01」 に新色「マットブラック」「チタン」追加

HOTNEWS
● 期待を裏切らない“一番いい電源”、Seasonic待望のTITANIUMモデル「PRIME」検証
● これで全てが分かる。Thermaltake「Core G3」徹底解説
● 全身ヒートシンク型Cubeケース STREACOM「DB4」で完全無音PCはできるのか
● 初の空冷ファン搭載M.2 SSDクーラー、玄人志向「M.2F-PCIE」実力検証
● これで全てが分かる。Fractal Design「Define C」徹底解説


1これで全てが分かる。Thermaltake「Core G3」徹底解説
2期待を裏切らない“一番いい電源”、Seasonic待望のTITANIUMモデル「PRIME」検証
3全身ヒートシンク型Cubeケース STREACOM「DB4」で完全無音PCはできるのか
4これで全てが分かる。Fractal Design「Define C」徹底解説
5初の空冷ファン搭載M.2 SSDクーラー、玄人志向「M.2F-PCIE」実力検証

Home > レビュー > 一点突破
サイズ「忍者四」検証
エルミタ的一点突破 Vol.37

サイズ「忍者四」検証


2015年4月25日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕 / 池西 樹(テストセッション)
RSS
 株式会社サイズ(本社:東京都江戸川区)より、オリジナルCPUクーラー「忍者四」(型番:SCNJ-4000)がリリースされた。ヒット作「阿修羅」「虎徹」の設計思想を受け継いだという新作は、重量900gの大型サイドフローで、「立体多重エアフロー透過構造」(M.A.P.S.)に改良を加えた、「T-M.A.P.S」(三面多重エアフロー透過構造)を採用。3方向へのエアフローを構築し、高い冷却能力が期待される。
 今回は編集部に届けられた新作「忍者四」をいじり倒し、満を持して市場に投入したサイズオリジナルCPUクーラーの底力を徹底検証したい。

久々のサイズオリジナルCPUクーラー「忍者四」とは

忍者四(型番:SCNJ-4000) 市場想定売価税抜6,480円(2015年4月27日出荷開始)
製品情報(株式会社サイズ

サイズオリジナルCPUクーラー「忍者四」(型番:SCNJ-4000)の発売が開始された。前作「忍者参リビジョンB」(型番:SCNJ-3100)がリリースされたのは、2011年(11月11日出荷開始)のこと。つまり約3年半振りにフルモデルチェンジされた事になる。さらにサイズオリジナルCPUクーラーとしては、2014年6月にリリースされた「無限大」「小太刀」以来の新作。否が応でも「忍者四」への期待は高まるばかりだ。

スペック表から読み解く「忍者四」

到着した評価サンプルを箱から取り出す前に、まずは「忍者四」のキャラクターを掴んでおこう。まずはサイズオリジナルCPUクーラーの中でも、大型ヒートシンクを採用する歴代「忍者」シリーズ。その歴史を少々紐解いてみたい。

正方形のヒートシンク寸法を比較すると、初代「忍者」(型番:SCNJ-1000)から世代を重ねる毎に徐々にサイズアップされ、110mm四方(110×110mm)から20mm大きい130mm四方(130×130mm)へと大型化。高さに至っては、シリーズ中で最も背が高かった先代「忍者参」シリーズの160mmから5mmサイズダウンの155mmに抑えられている。つまり「忍者四」は、ヒートシンクの縦横サイズは歴代最大ながら、全高は前作よりも低く設計されている事になる。
 なお素材は放熱フィンがアルミニウム、受熱ベースプレート部は銅で、φ6mmヒートパイプは腐食防止対策としてニッケルメッキ処理が施された銅製。対応ソケットはIntel LGA775 / 115x / 1366 / 2011 / 2011(v3)、AMD Socket AM2 / AM2+ / AM3 / AM3+ / FM1 / FM2 / FM2+のユニバーサル対応だ。

「忍者四」パッケージ。サイズは公称W165×D145×H240mmで、パッケージ重量は1,375g。正面には月明かりに忍者のシルエットがプリントされ、海外自作市場でのインパクトも考慮した”オリエンタル”で神秘的なデザイン。ちなみに英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、日本語の多言語表記

搭載される冷却ファンは、120mm口径25mm厚のサイズオリジナル「隼120系 PWM」で、PWM可変範囲が3段階で任意調整できる仕掛けを備えている。なお標準ではシングルファンでの冷却だが、増設用ワイヤークリップが1基分付属し、さらに高い冷却を必要とするならば、デュアルファンで運用することも可能だ。これについては後ほど解説しよう。

次は...  「忍者四」外観スタイルチェック

1 2 3 4 5 6 7 8

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us