オフセットデザインで扱い易く改良された、サイズ「虎徹Mark II」5月末出荷開始

2017.05.17 16:15 更新

2017.05.17 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社サイズ(本社:千葉県松戸市)は2017年5月17日、サイドフロー型CPUクーラーの新製品「虎徹Mark II」(型番:SCKTT-2000)を発表した。出荷開始は5月31日で、市場想定売価は税抜3,980円。
  • オフセットデザインで扱い易く改良された、サイズ「虎徹Mark II」5月末出荷開始
  • オフセットデザインで扱い易く改良された、サイズ「虎徹Mark II」5月末出荷開始

改良し進化した2代目「虎徹」

虎徹Mark II(型番:SCKTT-2000)
市場想定売価税抜3,980円(5月31日出荷開始)
http://www.scythe.co.jp/

定評のサイドフロー型CPUクーラー「虎徹」がモデルチェンジ。より扱い易くなったオリジナル設計モデル「虎徹Mark II」が5月末より販売が開始される。

基本設計を踏襲しつつ、従来モデルの欠点を改良。具体的にはスプリングスクリュー仕様「ブリッジ式リテンション」を採用し、標準でRyzen(Socket AM4)にも対応。周辺クリアランス(メモリ・グラフィックスカード)を確保し、物理的干渉を抑えた。さらに全高154mmとし、比較的コンパクトな筐体でも搭載できる。

アルミニウム製放熱フィンは、幅58mmの「ナロータイプフィン構造」。ヒートパイプはφ6mm×4本で、腐食を防ぐニッケルメッキ処理済み。受熱ベースは銅製で、CPUの熱を効果的に吸い出す厚さが確保されている。

搭載ファンは120mm口径PWM対応「KAZE FLEX」で、軸受けは長寿命と静音性を両立する高密度密閉型FDB。フレームの四隅には防振ラバーを装備し、防振性を高めた。なおスペックは回転数300±200~1,200rpm±10%、騒音値4.0~24.9dBA、風量16.6~51.17CFM、静圧0.75~10.3Pa/0.0762~1.05mmH2O。

外形寸法はW130×D83×H154mm(全体寸法)、重量645g。対応ソケットはIntel LGA775/115x/1366/2011(v3)、AMD Socket AM2(+)/AM3(+)/AM4/FM1/FM2(+)。製品には図解入り多言語マニュアル、グリスが付属する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
株式会社サイズ: http://www.scythe.co.jp/

totop