新品同等レベルの検査を実施した「東芝製リファービッシュSSD」がMARSHALから発売開始

2014.06.17 15:15 更新

2014.06.17 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
MARSHAL株式会社(本社:東京都千代田区)は2014年6月17日、メーカー認定工場で新品同等レベルの検査を実施した「東芝製リファービッシュSSD」の取り扱い開始を発表した。容量ラインナップは128GBと256GBの2種。発売は6月中旬より開始される。
  • 新品同等レベルの検査を実施した「東芝製リファービッシュSSD」がMARSHALから発売開始
  • 新品同等レベルの検査を実施した「東芝製リファービッシュSSD」がMARSHALから発売開始

メーカー認定工場で新品量産品と同等レベルの検査を実施

東芝製リファービッシュSSD オープンプライス(6月中旬発売)
MHNSNH128GMCT(128GB)/MHNSNH256GMCT(256GB)
http://www.marshal-no1.jp/information/pdf/MARSHAL-PressRelease_MHNSNH_SSD_SERIES.pdf
http://www.marshal-no1.jp/products/mhnsnh.html

MARSHALは、同社が展開している「リファービッシュ HDD」のノウハウを活かし、新たに「東芝製リファービッシュSSD」の新規取り扱い開始を発表した。

メーカー認定工場で新品量産品と同等レベルの検査工程を実施。検査に合格した優良品のみを選択しており、リファービッシュモデルながら高い品質を実現した。

コントローラは東芝製で、NANDフラッシュは19nmのMLCタイプ。インターフェイスはSATA3.0(6Gbps)で、容量は128GBと256GBの2モデルがラインナップされる。なお外形寸法は、W70×D100×H9.5mm。対応OSはWindows 8.1/8/7/Vista。

文: GDM編集部 池西 樹
MARSHAL株式会社: http://www.marshal-no1.jp/

totop