MSI初のSocket FM2+対応ゲーミングマザー、「A88X-G45 GAMING」明日発売

2014.03.07 15:50 更新

2014.03.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
MSI(本社:台湾)国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は2014年3月7日、Socket FM2+対応のゲーミングマザーボード「A88X-G45 GAMING」について、新規取り扱い開始を発表した。発売は3月8日で、市場想定売価は税込16,000円前後。
  • MSI初のSocket FM2+対応ゲーミングマザー、「A88X-G45 GAMING」明日発売
  • MSI初のSocket FM2+対応ゲーミングマザー、「A88X-G45 GAMING」明日発売

MSI初のAMD向けゲーミングマザーボード

チップセットにAMD A88Xを採用する「A88X-G45 GAMING」は、MSIの「GAMING Series」初となる、AMDプラットフォーム向けATXマザーボード。国内発売は明日8日より開始され、市場想定売価は税込16,000円前後に設定されている。

ネットワークチップには「GAMING Series」おなじみのQualcomm Atheros「Killer E2205」を採用。さらにノイズを抑えた高音質オーディオ回路「Audio Boost」や、USB DACの安定動作を可能にする電源回路「USB Audio Power」、入力デバイスの素早いレスポンスと応答を実現する「ゲーミングデバイスポート」などのゲーム向け機能を搭載する。

拡張スロットは、PCI-Express3.0(x16)×1、PCI-Express3.0(x8)×1(x16形状)、PCI-Express2.0(x4)×1(x16形状)、PCI-Express2.0(x1)×3、PCI×1で、マルチグラフィックスは3-Way CrossFire Xに対応。メモリスロットはDDR3×4本で、定格を超える2,400MHzの高クロック動作をサポートする。なお本製品については詳細レビューをお届けする予定なので、楽しみにして欲しい。

文: GDM編集部 池西 樹
株式会社アスク: http://www.ask-corp.jp/
MSI: http://jp.msi.com/

totop