TITANから1年。GHz級クロック&6GBメモリのNVIDIA新フラッグシップGPU「GTX TITAN Black」デビュー

2014.02.18 23:00 更新

2014.02.18 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
NVIDIA Corporation(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は日本時間2014年2月18日23時00分、6GBの大容量メモリを搭載するブーストクロック980MHzの新フラッグシップGPU「GeForce GTX TITAN Black」を発表した。
  • TITANから1年。GHz級クロック&6GBメモリのNVIDIA新フラッグシップGPU「GTX TITAN Black」デビュー

TITANと780 Tiが融合した、「GK110」世代最上位のフラッグシップGPU

「GTX TITAN」発表からちょうど1年となる本日23時00分、NVIDIAの新フラッグシップGPU「GeForce GTX TITAN Black」が解禁された。

従来のフラッグシップモデル同様28nmプロセスの「GK110」コアを採用し、基本設計はそのまま継承。GeForce GTX 780 Tiをベースにクロックが引き上げられ、ビデオメモリはTITANと同じ大容量の6GBを搭載させた。また、倍精度演算性能はTITANよりさらに向上し、1.7Tflopsに達している。

主なスペックは、ベースクロック890MHz、ブーストクロック980MHz、メモリバス幅は384bitで、ビデオメモリは前述の通りGDDR5 6GBを実装。補助電源は8+6pin構成で、バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)に対応する。

文: GDM編集部 絵踏 一
NVIDIA Corporation: http://www.nvidia.co.jp/

totop