エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.700

速く、そして美しいDDR4メモリ、ESSENCORE「KLEVV CRAS X RGB」

2018.11.30 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ESSENCORE(本社:香港)が展開するゲーミングブランドKLEVVから、DDR4メモリの新作「KLEVV CRAS X RGB」が登場。精巧なアルミニウムヒートスプレッダと、“宝石”をイメージしたRGB LEDライティングバーを備え、見た目にも美しい新ゲーミングメモリの実力を検証する。
KLEVV_CRASX_901_1024x768
ESSENCORE「KLEVV CRAS X RGB」シリーズ(発売中)
KD48GU880-32A160X(3,200MHz/8GB×2) 市場想定売価税込21,000円前後
製品情報(KLEVV

宝石をイメージしたLEDライティングバーを搭載するDDR4メモリ

世界第2位の半導体メーカーであるSK Hynix傘下の100%子会社として、2014年に設立された新興メモリメーカーESSENCORE。そのゲーミングブランドKLEVVより、LEDライティング機能に対応するハイエンドDDR4メモリ「KLEVV CRAS X RGB」シリーズがデビュー。10月中旬より国内発売が開始された。

モジュールの表面には、ブラッシュ仕上げの精巧なアルミニウム製ヒートスプレッダを搭載し、高級感を演出。さらにその上には“宝石”をイメージしたという、エッジカットを施したライティングバーを備え、光拡散効果によってケース内を美しくドレスアップしてくれる。

KLEVV_CRASX_902_1024x768
アドレサブル仕様のライティングバーを搭載。標準ではLEDカラーが順番に変わるレインボーに設定されており、アドレサブルLED非対応のマザーボードでも印象的に発光する

なお実装されるLEDはアドレス指定に対応し、標準状態ではレインボーに発光。そしてマザーボードユーティリティは、ASRock「Polychrome RGB」、ASUS「Aura Sync」、GIGABYTE「RGB Fusion」、MSI「Mystic Light Sync」をサポートしており、対応マザーボードであれば、システム全体で統一したライティングを楽しむことができる。

動作クロックはハイエンドモデルらしく、3,200MHzと3,466MHzの2段階、動作電圧はいずれも1.35Vで、容量はそれぞれ8GB×2と16GB×2のデュアルチャネルキットが用意される。またメモリプロファイルはIntel XMP 2.0に準拠し、プラットフォームはIntel Coreシリーズに加えて、AMD Ryzen/Ryzen Threadripperシリーズにも正式対応する。

KLEVV_CRASX_903_1024x768 KLEVV_CRASX_904_1024x768
オーバークロックメモリの中には、Intelプラットフォームのみサポートする製品も多いが、「KLEVV CRAS X RGB」シリーズは、AMD RyzenおよびRyzen Threadripperとも正式対応が謳われている

さらに出荷前には厳格なテストを実施することで品質・信頼性・互換性を向上。これにより製品には、制限付きの永久保証が提供されている。

KLEVV_CRASX_001_600x192
totop