エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.686

これで全てが分かる。Thermaltake「Level 20 VT」徹底解説

2018.09.28 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Thermaltake「Level 20 VT」外観デザインチェック

ここからは期待のCube型MicroATXケース「Level 20 VT」の外観デザインからチェックを開始する。今回は国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)より評価サンプルを借り受けた。外装パッケージは茶箱で、ミドルタワーPCケースとは異なるCube型特有の形状。サイズは幅418mm、奥行き447mm、高さ522mmで比較的大きく、付属品および緩衝材を含めた全重量は10.23kgにもおよぶ。店頭購入による持ち帰りは可能だが、満員電車は避けたいところだ。

20vt_06_1024x768

フロントパネルデザイン

まずはフロントパネルを眺めてみよう。正面に据え付けられた4mm厚強化ガラスは、透過率を抑えたダークスモーク仕様。輝度の高いLEDイルミネーションの発光を和らげ、乱雑な内部を目隠しする役割をも果たしてくれる。装飾も控え目で、下部にThermaltakeのロゴをあしらったシンプルなデザインが特徴だ。

パネル自体はABS樹脂製で、4mm厚強化ガラスはこれにネジ留めされている格好。枠の両サイドは角が落とされ、シルバー色がアクセントになっている。

20vt_07_1024x768

なおパネル自体は着脱が可能。シャーシ部には側面各2本のファスナーにより固定されており簡単に取り外しができる。ちなみに強化ガラスの左右には、外気を取り込むには十分のスリットが設けられ、内部にはマグネット固定の防塵フィルタも装備されている。

20vt_22_1024x768 20vt_23_1024x768
フロントパネル下部の開口部を握り、そっと引き剥がせば取り外しが完了。ケーブル類は接続されていないため、断線などトラブルの心配もない

スイッチおよびフロントアクセスポート

各種スイッチとアクセスポート類は、フロントトップ部にレイアウト。右端にある正方形のボタンはPowerスイッチで、HDDアクセスLEDを挟んで小さな正方形はResetスイッチになる。さらに左2つがUSB2.0ポート、さらに左2つがUSB3.0ポート、左端の円形ジャックは右がマイク端子、左がヘッドホン端子になる。特に周辺機器を接続するUSB端子は計4ポートを備え、ミドルタワーPCケース並に十分な装備と言えるだろう。使い勝手も良さそうだ。

20vt_09_1024x768
Powerスイッチの中央部と外周部は通電状態でホワイトに発光する

“3方向から呼吸する”トップパネル

トップパネルも4mm厚の強化ガラスを採用。上面からも内部が透けて見えるシースルー仕様で、水平設置されるマザーボードを上から眺める事ができる。
 ベースとなる枠部はスチール製で、シャーシには背面側押し返し部分を2本のハンドスクリューで固定。強化ガラス自体は枠部にネジで固定されていた。ちなみに枠部と強化ガラスの間には空気を取り入れる隙間が設けられている。実測約10mmで、左右および後方の3辺から外気の取り入れ、または排気ができる。

20vt_16_1024x768
20vt_14_1024x768 20vt_15_1024x768
トップパネルはスチール製の枠部と4mm厚強化ガラスで構成。なおパネル全体サイズは実測で幅約315mm、奥行き約370mm
20vt_12_1024x768 トップ部には冷却ファンまたはラジエターが搭載できるため、左右と後方の3箇所には隙間を設け、空気の通り道が十分に確保できている
totop