エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.684

第2世代Ryzen Threadripper WXシリーズのための究極モデル、MSI「MEG X399 CREATION」

2018.09.13 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
コンシューマ向けCPUでは間違いなく現行最高峰、第2世代Ryzen Threadripper WXシリーズのために開発されたMSI(本社:台湾)のAMD X399マザーボード「MEG X399 CREATION」が今回の主役だ。19フェーズにおよぶ電源回路をはじめ、一切の妥協なく作り上げられたプレミアムモデルを早速検証していこう。
megx399cre_05_1024x768
MSI「MEG X399 CREATION」市場想定売価税抜62,800円前後(発売中)
製品情報(MSI

クリエイター向け「WX」シリーズのために設計されたX399マザーボード

初代Ryzen Threadripperの登場から約1年。2018年8月13日(月)に遂に解禁されたAMDの新ハイエンドCPU「第2世代Ryzen Threadripper」。特に「WX」シリーズに属する最上位モデルRyzen Threadripper 2990WXは従来の2倍、コンシューマ向けでは史上最高となる32コア/64スレッドという圧倒的なコア数を誇り、約23万円という価格設定にもかかわらず、解禁当日のやや深夜販売では多くのユーザーが購入するなど好調な滑り出しをみせた。

20180814_amd_1024x768_02 20180814_amd_1024x768_03
解禁当日のやや深夜販売には、当初の予想を大きく超える人が集まり賑わいを見せた秋葉原

そんな「WX」シリーズのために設計されたクリエイター向けプレミアムモデルが、今回の主役であるMSI「MEG X399 CREATION」だ。基板サイズ304×272mm、E-ATXフォームファクタに対応する大型マザーボードで、チップセットはAMD X399、ソケットはコンタクトピン数4,096本のSocket TR4を採用する。

20180606_01_msi_mother_01
「COMPUTEX TAIPEI 2018」で初披露されたMSI「MEG X399 CREATION」。「WX」シリーズに最適化したという基板設計が特徴だ

また消費電力が大幅に増加した「WX」シリーズの性能を最大限に引き出すため、電源回路には19フェーズにおよぶデジタル電源回路を実装。さらにヒートパイプで連結した大型ヒートシンクを組み合わせることで、CPU周りのエアフロー確保が難しい、水冷システム搭載時でも十分な冷却性能を確保しているワケだ。

megx399cre_67_1024x768
AMD X399マザーボードの中では間違いなく最高峰。19フェーズにおよぶ電源回路を搭載する

そして、ワークステーションレベルの高い拡張性も見逃せないトピック。グラフィックスカード用拡張スロットはPCI-Express3.0(x16形状)×4で、マルチグラフィックスは3-WayまでのAMD CrossFire X/NVIDIA SLIに対応。ストレージは冷却性能を追求した専用ヒートシンク「M.2 Shield FROZR」を装備した3基の「Turbo M.2」に加え、4基のM.2スロットを備えた専用拡張カード「M.2 XPANDER-AERO」が付属しており、別途変換基板を用意しなくても7枚ものNVMe M.2 SSDを搭載することができる。

megx399cre_76_1024x768 megx399cre_83_1024x768
4枚のNVMe M.2 SSDを搭載できる拡張カード「M.2 XPANDER-AERO」が付属するのも、他の製品にはない大きな特徴だ

またIntelチップによるデュアルギガビットLANや、最大転送速度1.73GbpsのワイヤレスLAN、Bluetooth 5のネットワーク機能、S/N比120dBのハイエンドICをはじめ高品質コンポーネントで固められたオーディオ回路「Audio Boost 4」など、ゲーマー向け機能も充実。MSIおなじみのライティング機能「Mystic Light」や、装甲仕様のスロット「Steel Armor」にも対応しており、まさにプレミアムモデルらしい一切妥協のない仕上がりだ。

megx399cre_01_1024x768
「M.2 XPANDER-AERO」をはじめ、付属品多数の「MEG X399 CREATION」。パッケージサイズは実測300×350×125mmで、マザーボードではかなり大柄
megx399cre_02_1024x768 megx399cre_03_1024x768
パッケージ裏面には対応機能や簡易スペックが記載されている マザーボード本体と周辺機器はそれぞれ異なる内箱に収納されていた
megx399cre_001_spec_600x421
totop