エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.651

Pinnacle Ridgeこと第2世代Ryzenが編集部に到着。評価キットを画像でチェック

2018.04.13 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
2018年4月19日22時の発売解禁に先駆け、AMD(本社:アメリカ)の最新CPU「Pinnacle Ridge」こと第2世代Ryzen「Ryzen 7 2700X」「Ryzen 5 2600X」のプレス向け評価キットが編集部に到着。早速ファーストインプレッションとして、その気になる内容を画像で紹介していこう。
ryzen2_01_1024x768
編集部に届けられた第2世代Ryzenシリーズの評価キット。CPUの入ったグレーの小型ケース(画像手前)と、その他のキットがまとめて収納されたブラックの大型ケース(画像奥)の2個構成だ

Pinnacle Ridgeこと第2世代Ryzenシリーズの評価キットが編集部に到着

今回編集部に到着した評価キットは、「RYZENロゴ」がデザインされたグレーの小型ケースと、「AMDロゴ」がデザインされたブラックの大型ケースの2個で構成。まずグレーのケースを開封すると、その中には8コア/16スレッドに対応する最上位モデル「Ryzen 7 2700X」と、6コア/12スレッドのミドルレンジ「Ryzen 5 2600X」が収められていた。

ryzen2_03_1024x768
おなじみの「RYZENロゴ」が大きくデザインされたグレーの小型ケース。サイズは実測でW290×D135×H160mm
ryzen2_04_1024x768
グレーのケースを開封すると、リテールモデルの「Ryzen 7 2700X」と「Ryzen 5 2600X」が姿を表す

同梱されていた2つのCPUはいずれも製品版と同じリテールモデルで、上部に封印シールが貼り付けられた新品未開封の状態。パッケージデザインを確認すると先代のRyzenシリーズを踏襲しており、前面には「RYZENロゴ」が、左側面には付属するCPUクーラーの画像が描かれているほか、右側面にはCPUのヒートスプレッダが確認できる小窓が設けられていた。また「Ryzen 7 2700X」と「Ryzen 5 2600X」のパッケージを比較すると、前面のシリーズナンバーに加え、左側面のクーラーの画像が異なり、付属するCPUクーラーが違うことが未開封の状態でも判別できるようになっていた。

ryzen2_11_1024x768
パッケージそのもののデザインは先代Ryzenシリーズから大きな変更はなし。サイズは実測W135×D135×H135mmの立方体
ryzen2_10_1024x768
右側面には小窓が設けられており、ヒートスプレッダに刻まれたOPNの確認もできる
ryzen2_12_1024x768 ryzen2_13_1024x768
パッケージはこれまでと同様、簡易スペック表を兼ねたシールで封印されていた
ryzen2_14_1024x768 ryzen2_15_1024x768
「Ryzen 7 2700X」と「Ryzen 5 2600X」のパッケージを比較。前面右下のシリーズナンバーのほか、左側面に描かれているCPUクーラーの画像も異なり、ひと目で付属するCPUクーラーが違うことがわかる
totop