エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.639

これで全てが分かる。CORSAIR「Obsidian 500D」徹底解説

2018.02.27 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

グラフィックスカードを搭載してみる

グラフィックスカードは2通りの搭載方法がある。マザーボードに対して垂直に固定する通常のスタイルと、VGAクーラーが強化ガラス製左サイドパネルに平行して固定できるスタイル。後者は別途ライザーケーブルを用意する必要があるため、ここでは”従来型”の固定スタイルで搭載を試みた。

検証に使用したのは、大型VGAクーラー採用により実質3スロットを占有するColorful「iGame GTX1080Ti Vulcan AD」。奥行き300mmのハイエンド系グラフィックスカードだ。

500d_66_1024x768
500d_64_1024x768 当然ながら、有効スペース公称370mmに対し、300mmのグラフィックスカードは、どこにも干渉せずに搭載が可能。搭載方法も拡張ブラケットが固定されているハンドスクリューを使い、しっかりとネジ留めするだけ。作業における注意事項なども無い

ストレージを搭載してみる

「500D」のシャドウベイは、全てマザーボードトレイ背面エリアに集約されている。ここでは二手に分かれたストレージ搭載スペースに、2.5インチSSDと3.5インチHDDをそれぞれマウントしてみよう。

500d_69_1024x768
右サイドパネルも内部が見える強化ガラス製。ストレージの銘柄も露出できる
500d_67_1024x768
CPUクーラーメンテナンスホール下に位置する、2.5インチSSD搭載スペース。メタル製専用マウンタを一旦取り外し、SSDを底面からネジ留め。なおコネクタは下向きに固定する
500d_68_1024x768
500d_70_1024x768 500d_81_1024x768
3.5インチHDDは、両側面計4本のピンにネジ穴を合わせるだけの工具いらず。よって素材は弾力性のあるABS樹脂を採用 ちなみに付属のラバークッションと固定ネジを使用すれば、底面からネジ留めも可能
500d_82_1024x768 500d_83_1024x768
底面ネジ留めにすると、ピン固定では裏面だったHDDのラベルが表面に向くスタイルでマウントできるようなった 3.5インチHDD用ブラケットには底面にネジ穴を用意するため、2.5インチSSDの固定にも対応。オールSSD構成ならば最大5台が搭載できる計算
totop