エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.639

これで全てが分かる。CORSAIR「Obsidian 500D」徹底解説

2018.02.27 更新

文:エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「ケーブルルーティングカバー」を備えたケーブルマネジメント機構

右側面からケーブルマネジメント機構を確認する。マザーボードトレイ背面でまず目に付くのは、縦方向に伸びるカバーの存在だ。

上下2本のハンドスクリューで固定されているのは「ケーブルルーティングカバー」と呼ばれるもので、ケーブルを隠す役割を果たす。取り外すと3口のグロメット付きスルーホールがあり、さらに2本のCORSAIRロゴ入り面ファスナーが装着されていた。これらを上手に使い、文字通り背面を行き交うケーブルのマネジメントを行う事ができる。

500d_78_1024x768
500d_41_1024x768
「ケーブルルーティングカバー」を外すと、内部には面ファスナーとスルーホールがあらわに。出荷時はフロントトップのスイッチ&アクセスポート用のケーブルが束ねられていた
500d_42_1024x768 500d_44_1024x768
マザーボード上部にはCPU補助ケーブル用のスルーホールを用意。ボトムカバー上部にもグロメット付きスルーホールがあり、PCIe補助電源ケーブルの出入り口として利用できる
500d_84_1024x768 裏配線スペースをCPUクーラーメンテナンスホールから計測。実測で約28mmほどの空間が確保できている事が分かる

CORSAIR「500D」の付属品総点検

「500D」内外装を一通り見たところで、付属品を総点検しておく。組み込みに必要なネジ類は、種類毎にジッパー袋に収められ、これをひとまとめに詰めた袋を茶箱に収納。比較的部品点数は少なく、手に取ればおおよその用途は想像がつく。なおマニュアルには付属品の詳細が記載されていない。そもそも図説もおおまかで、やや素っ気ない印象は、玄人好みのメーカーたるゆえんと言ったところ。組み込み方法に迷ったら、本稿を見て頂ければ事が足りるというワケだ。
 なおここでは用途を元にパーツ名を独自に記した。またカッコ内は同梱数だが、製造ロットなど将来的に予告なく変更される可能性がある。

500d_13_1024x768 500d_15_1024x768
インチネジ(20) SSD固定用皿ネジ(8)
500d_14_1024x768 500d_12_1024x768
冷却ファン固定用ネジ(12) 冷却ファン固定用ネジ(8)
500d_16_1024x768 500d_11_1024x768
HDD固定用ネジ(8) ラバークッション(8)
500d_09_1024x768 500d_10_1024x768
スタンドオフ(1) 面ファスナー(2)
500d_08_1024x768 500d_17_1024x768
タイラップ(6) マニュアル
totop