エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
5月30日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
上海問屋、画面が見やすく姿勢も良くなる折り畳み式ノートPCスタンド税込1,999円
SENSE∞、GPU BOXが標準で付属する13.3インチフルHDクリエイター向けノートなど計3機種
【COMPUTEX】最大1,721MHz動作の最強スペック。MSI、最上位に君臨する巨大グラフィックス「GTX 1080 Ti Lightning Z」を披露
iPadを壁掛け設置できるVESA規格対応のスチール製ボックス
XMP対応メモリ「HyperX Predator」に最高4,000MHz、最大128GBキットを追加ラインナップ
サラウンド対応のクアッドスピーカー搭載、ファーウェイの10インチエンタメタブレット「MediaPad M3 Lite 10」
【COMPUTEX】とてもコンパクトなThunderbolt 3接続の「AURUS GTX 1070 GAMING BOX」
最大2TBをラインナップする、コンシューマ向け世界初の64層3D NAND SSD「WD Blue 3D NAND SATA SSD」
【COMPUTEX】早ければ7月発売。GeForce GTX 1060を内蔵するGIGABYTE「BRIX Gaming VR」

HOTNEWS
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
● 実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
● これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
● 吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
● 最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」


1実測約3.0GB/s。東芝製MLC採用の高速NVMe SSD、Apacer「Z280 M.2 PCIe SSD」検証
2Ryzenのベストパートナーを探せ。Noctua「NH-D15 SE-AM4」検証
3これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
4Fractal Design、フロントメッシュパネルを採用したPCケースの新シリーズ「Focus」発表
5吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか

Home > レビュー > 撮って出し
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.567

多彩なライティング機能で上を行くRyzen対応マザーボード。MSI「X370 GAMING PRO CARBON」


2017年5月16日
TEXT:エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
RSS
 3月3日の発売解禁以来、快進撃を続けるAMDの新型プロセッサRyzen。4月上旬にはミドルレンジのRyzen 5も投入され、この勢いはしばらく続きそうだ。これに合わせてメーカー各社からは、数多くのSocket AM4マザーボードが投入され、自作パーツ市場を賑わせている。今回はその中からMSI(本社:台湾)のメインストリーム向けゲーミングマザーボード「X370 GAMING PRO CARBON」を取り上げる。安定性・耐久性を重視した設計はそのままに最新機能を網羅した、その実力を早速チェックしていこう。
MSI「X370 GAMING PRO CARBON」
市場想定売価税抜23,980円前後(2017年3月発売)
製品情報(MSI

カーボン調デザイン採用のメインストリーム向けAM4マザーボード

今回の主役「X370 GAMING PRO CARBON」は、“GAME IN STYLE”(ゲームをスタイリッシュに)をコンセプトに掲げるMSI「PERFORMANCE GAMING」シリーズのSocket AM4対応ゲーミングマザーボード。その名の通り、シックな“カーボン調”デザインを採用しつつ、ヒートシンクやI/Oカバーには1,680万色のRGB LEDイルミネーション機能「Mystic Light」を搭載。市販のLEDストリップにも対応し、ユーザーは搭載コンポーネントやテーマに合わせたドレスアップを自由に楽しむことができる。

各種ヒートシンクやバックパネルカバーは“カーボン調”デザインを採用。基板は黒で統一され、ドレスアップPCのベースに好適だ

もちろんゲーマー向け機能も充実。オーディオ回路は高品質コンポーネントで構成された独立回路「Audio Boost 4」で、サウンド管理ユーティリティ「Nahimic 2」に対応。また専用ユーティリティ「GAMING LAN MANAGER」による帯域幅制御が可能な「Intel Gaming LAN」や、USB接続のVRヘッドセットの信号劣化を抑える「VR Boost」、1クリックでVRシステムに最適化する「One Click to VR」、応答性を高めたゲームデバイス専用ポート「Gaming Device Port」、マクロキーやプロファイル設定ができる「Gaming Hotkey」などを備える。

USB接続のVRヘッドセットに、安定した信号を供給する「VR Boost」チップ 「One Click to VR」を使えば、難しい設定を行うことなくVRシステムへの最適化が可能だ

拡張性に目を向けると、USB3.1 Gen.2ポートはPCI-Express3.0(x2)接続の「Lightning USB3.1 Gen.2」で、複数台のデバイスを接続した場合でも高速なデータ転送が可能。M.2スロットは、帯域幅32Gbps(Ryzen搭載時)の「Turbo M.2」と、帯域幅20GbpsのM.2の2スロットを搭載し、「Turbo M.2」にはM.2 SSD専用のオリジナルヒートシンク「M.2 Shield」を標準装備する。

グラフィックスカード用のPCI-Express(x16形状)スロットは「Steel Armor」。また「Turbo M.2」には専用ヒートシンク「M.2 Shield」を標準装備する

さらにMSI製ゲーミングマザーボード最大の特徴である信頼性を重視した設計は本モデルでも健在。軍事規格「ミリタリークラス4」に準拠した高品質コンポーネントや、拡張スロット・メモリスロットの耐久性を向上させた「Steel Armor」、落雷や静電気放電からLANポートを保護する「15KV anti-surge protection」により、長期間安定した運用が期待できる。

「ミリタリークラス4」コンポーネントを採用する堅牢な電源回路を搭載。定格運用だけでなくオーバークロック時でも安定動作が可能
スポーツカーをモチーフにしたパッケージ。裏面には独自機能についての解説が記載されている

次は...  「ミリタリークラス4」コンポーネントによる10フェーズ電源回路

1 2 3 4 5 6 7 8

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us