エルミタ的リサーチ Vol.5

秋葉原PCパーツ系 & モバイル系STAFFに聞きました。「使っているキーボードを教えてください」

2013.04.07 更新

文:GDM編集部 Tawashi / 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 秋葉原で働くSHOP店員に聞く「エルミタ的リサーチ」。第5弾は、PCパーツ系SHOP STAFF計85人と、モバイル系SHOP STAFF計40人を対象に、自身が使うキーボードを徹底調査。自作PCの“プロ”達が愛用するキーボードとは。さらに、モバイル系STAFFのキーボードに対する意外なこだわりとは?
Keyboardリサーチ Keyboardリサーチ

PCパーツ系STAFF 計85人に聞きました

Majestouchシリーズ全モデル(FILCO)
これを言うと驚くかと思いますが、Majestouchシリーズは今まで発売されたモデルを全部持っているんです。同じシリーズも軸違いで全て揃えてます。最近発売されたConvertibleMINILAも当然買いました。全部で60本くらいでしょうか。個人的にはテンキーレスの黒軸がお気に入りですね。(店員U氏)
keyboard ご存知FILCO(ダイヤテック)が展開する「Majestouch」シリーズ。国内においては、“Cherry軸”ことCherry社製メカニカルスイッチ採用キーボードのベンチマーク的存在だ。最近はコンパクトな「MINILA」をリリースするなど、新境地も模索中
CHERRY MINI 黒軸(タイムリー)
海外ではKBC Pokerという名で売られていたモデルでHHKBに似た感じでしょうか。自分は青軸の軽さでリニアな打鍵感が欲しくて、バネだけ青軸に交換して使っています。すごく気に入っていますね。(店員U氏)
Majestouch Linear 黒軸(FILCO)
もう5年は経つと思うのですが、未だに普通に使えてますね。打感は非常に気に入っています。個人的にはRealforceだと少し軽すぎるので黒軸が丁度いですね。(店員M氏)
FC400R 赤軸(LEOPOLD)
Realforce(東プレ)
ゲームの時は赤軸のLEOPOLD、普段はRealforceで使い分けてます。別にWindows 8用にPAD付きのキーボード買ったのですが、ほとんど使ってません。(店員T氏)
Keyboard 金融機関など業務利用で圧倒的シェアを誇る、東プレ製キーボードのコンシューマ向けモデル「Realforce」シリーズ。静電容量の変化で入力を検知する静電容量無接点スイッチを採用する。高い信頼性と快適な打鍵感を備えた、まさに“打つため”の機械
Realforce(東プレ)
根っからのRealforce好きです。合計4本ありますが、自宅も職場も全部Realforceですよ。(店員A氏)
Majestouch 黒軸(FILCO)
Majestouch 茶軸(FILCO)
Majestouch 赤軸(FILCO)

タイピング用が黒軸、ゲーム用が茶軸です。赤軸ですか?本当はゲーム用にと買ってはみたものの、自分は茶軸の方がしっくりくるんですよね。(店員O氏)
マウスセットモデル(Microsoft)
マウスセットの安いやつを使っています。キーボードにはそれほどこだわりもなく、あまり高価なモデルは買いません。飲み物こぼしたりもよくするんですよね。(店員O氏)
Realforce91UBK ALL55g(東プレ)
ALL55gモデルを使ってます。2本あってもうひとつはテンキーレスモデルです。いわゆる信者でして、Realforce以外は使いませんね。(店員B氏)
Keyboard 2009年に数量限定で発売されたALL55g荷重の「Realforce91UBK」(型番:NG51B0)。従来一部のキーにしか使われなかった、最も重い荷重に統一したという特殊モデル。軽量級にカテゴライズされるRealforceシリーズでは異色で、玄人に人気が高かった
Comfort Curve Desktop(Microsoft)
世代は忘れましたが、これ使ってます。ゲームをする際に斜めに配置して使うんですが、その時の角度が丁度いいんですよ。エルゴノミクスデザインなのですが、そこはあまり関係ないですけど。(店員N氏)
Realforce(東プレ)
Majestouch テンキーレス 黒軸(FILCO)
Majestouch テンキーレス 茶軸(FILCO)
RealforceとMajestouchをどちらも使っています。ところが一番使うのはいつ壊れてもいい安いパンタグラフだったりするんですよ。これなら壊したり汚してもいいかなと思って。(店員I氏)
EZ-DigiX 茶軸(クレバリー )
クレバリーさんで販売していたオリジナルブランドの茶軸を今でも使っています。当時6,000円くらいでMajestouch買うよりも安かったんですよね。あそこの2号店はキーボード専門で面白く好きだったんですけどね。(店員U氏)
UACC-6868(UAC )
ミネベア製の打感を再現したという茶箱入りのを買いました。まぁミネベアと同じかと言われると微妙だったりするのですが、あれはあれで良いのかと思っています。(店員S氏)
totop