エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
GIGABYTEコンパクトゲーミングベアのパーツセットがお買い得【ソフマップリユース総合館】
スマホやタブレットの除菌と抗菌サービスを無料(セルフサービス)で実施中【ドスパラ パーツ館】
日本人の手にピタリとフィット。振り回しても疲れない小型・軽量マウスの本命、ROCCAT「Kone Pure Owl-Eye」を試す
子供部屋にもぴったりな収納BOXがいろいろ安い【テクノハウス東映】
6月27日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
Thermaltakeの人気PCケース「Core」「Suppressor」シリーズに強化ガラスモデル登場
SENSE∞、Kaby Lake版NUCベースのニコ生・YouTuber向け小型デスクトップPC計3モデル
Lexarブランド廃止へ。Micron、Lexarのリムーバブルストレージ事業廃止または売却を発表
4K/60HzのHDMI信号に対応するPC切替器、ラトック「REX-250UHD-4K」
エレコム、ヘッドホン・イヤホンいらずの一体型VRゴーグル「P-VRGEH01」シリーズを発売

HOTNEWS
● 日本人の手にピタリとフィット。振り回しても疲れない小型・軽量マウスの本命、ROCCAT「Kone Pure Owl-Eye」を試す
● サーバー屋”Supermicro”が仕掛けたゲーミングブランド”SuperO”。そのこだわりを台湾で聞く。
● ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
● 数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
● 転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界


1数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
2寝ながらゲームに没頭、ダメ人間を量産してしまう危険な「コクピット型ゲーミングデスク」が提案される
3サーバー屋”Supermicro”が仕掛けたゲーミングブランド”SuperO”。そのこだわりを台湾で聞く。
4ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
5転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界

Home > レビュー > 撮って出し
ランダム読込10万IOPS達成。PLEXTOR「M5 Pro」の新ファームウェアを試す
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.194

ランダム読込10万IOPS達成。PLEXTOR「M5 Pro」の新ファームウェアを試す


2012年12月4日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 2回に渡ってお届けしたPLEXTORブランドの2.5インチSSD「M5 Pro」のRAID環境テストも一段落したころ、国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)の担当者から新ファームウェアがリリースされるという情報が入った。なんでもランダムアクセスの高速化が謳われたパフォーマンス改善用ファームウェアらしく、エルミタSSD担当としてはやはり見逃すことはできない。そこで、今回は急遽「M5 Pro」シリーズ全モデルを借り受け、新ファームウェアの実力をテストしてみることにした。さて、どれほどのパフォーマンス向上が見られるのだろうか?
M5Pro
「M5 Pro」シリーズ
PX-128M5P(128GB)/PX-256M5P(256GB)/PX-512M5P(512GB)
製品情報(PLEXTOR

シーケンシャルアクセスからランダムアクセスに主戦場を移した新型SSD

SATA3.0(6Gbps)対応SSDといえば、HDDとの比較がわかりやすいこと、そして当初思うようにパフォーマンスが伸びなかったことなども影響し、シーケンシャル性能を重視する製品が主流だった。しかし最近ではインターフェイスの限界もあり、シーケンシャルアクセスはいずれも550MB/sec前後で頭打ち。他社との差別化を図るのが難しくなってしまった。
 そこで新たなパフォーマンス指標として用いられるようになったのがランダムアクセスだ。元々はせいぜい2~30,000 IOPSだったランダムアクセス速度だが、最近では単体で100,000 IOPSを標榜する製品も出てきており、少し前ならPCI-Express製品でなければ達成が難しかったハイスペック環境も比較的手軽に構築できるようになった。ちなみに実際の運用でもシーケンシャルアクセスよりランダムアクセスが重要となる場面のほうが多く、ユーザーにとってもランダムアクセスの高速化は歓迎すべき傾向と言えるだろう。

「M5 Pro」シリーズのスペック総ざらい

さて新ファームウェアのパフォーマンスを測定する前に、「M5 Pro」シリーズのスペックについて簡単におさらいしておこう。コントローラはMarvellの新型コントローラ「88SS9187」で、MLC NANDフラッシュには東芝製19nm Toggleタイプを搭載。さらにキャッシュメモリにはDDR3メモリを最大768MB実装することにより、高速化だけでなくNANDフラッシュへの書込回数を抑制し高い信頼性を確保している。
 容量ラインナップは、128GB、256GB、512GBの3モデル。公称転送速度は128GBモデルがシーケンシャル読込540MB/sec、書込350MB/sec、ランダム読込91,000 IOPS、書込82,000 IOPS。256GBと512GBモデルは読込540MB/sec、書込450MB/sec、ランダム読込94,000 IOPS、書込86,000 IOPSとやや128GBモデルが低めに設定されている。
 PLEXTORによると、今回の新ファームウェア「1.02」では、ランダム性能、特に4K QD32のパフォーマンスが向上しており、128GBでは読込92,000 IOPS、書込82,000 IOPS、256GBでは読込100,000 IOPS、書込86,000 IOPS、512GBでは読込100,000 IOPS、書込88,000 IOPSへと改善されるということだが、実際にはどの程度パフォーマンスが変化するのか確認してみたい。
M5Pro

PX-128M5P 「PX-128M5P」(128GB)
実勢価格10,000円前後
(2012年12月現在)
製品情報(リンクスインターナショナル
PX-128M5P
「PX-128M5P」(128GB)のCrystalDiskInfo 5.1.0の結果
PX-256M5P 「PX-256M5P」(256GB)
実勢価格21,000円前後
(2012年12月現在)
製品情報(リンクスインターナショナル
PX-256M5P
「PX-256M5P」(256GB)のCrystalDiskInfo 5.1.0の結果
PX-512M5P 「PX-512M5P」(512GB)
実勢価格38,000円前後
(2012年12月現在)
製品情報(リンクスインターナショナル
PX-512M5P
「PX-512M5P」(512GB)のCrystalDiskInfo 5.1.0の結果
次は...  新ファームウェアの実力をベンチマークテストでチェック

1 2 3 4 5 6 7 8

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us