水深50m対応の完全防水でGPS内蔵、Apple最新スマートウォッチ「Apple Watch Series 2」デビュー

2016.09.08 12:38 更新

2016.09.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Apple Inc.(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2016年9月7日(現地時間)、最新世代のiOS連携スマートウォッチ「Apple Watch Series 2」を発表した。市場想定売価は税抜27,800円からで、9月16日より発売が開始される。
  • 水深50m対応の完全防水でGPS内蔵、Apple最新スマートウォッチ「Apple Watch Series 2」デビュー
  • 水深50m対応の完全防水でGPS内蔵、Apple最新スマートウォッチ「Apple Watch Series 2」デビュー

初代からパフォーマンスも大幅向上、最新OS搭載でアプリ起動も高速化

Apple Watch Series 2 市場想定売価税抜27,800円から(9月16日発売)
http://www.apple.com/pr/library/2016/09/07Apple-Introduces-Apple-Watch-Series-2-The-Ultimate-Device-For-A-Healthy-Life.html

Appleの新製品発表イベントにて、スマートウォッチの最新モデル「Apple Watch Series 2」が発表された。同社初のウォッチとして登場した「Apple Watch」に続く第2世代モデルで、「iPhone 7 / 7 Plus」と同様に9月9日より予約注文を開始、9月16日に発売される。

従来から耐水性能が大幅に向上し、装着したまま水泳やサーフィンも可能な水深50m対応の防水性能を獲得。単体でのGPS機能も新たに内蔵された。Apple Payにも対応し、「iPhone 7 / 7 Plus」同様にモバイルSuicaなどが利用できるようになる。

プロセッサ(SiP)はデュアルコアの「Apple S2」を内蔵、初代モデルからCPU性能は最大1.5倍、GPU性能は2倍に向上している。ディスプレイは第2世代の感圧タッチに対応したRetinaディスプレイを搭載。画面解像度は272×340ドット(38mm)もしくは312×390ドット(42mm)で、従来から2倍以上(1,000nt)明るくなった。

OSはアプリ起動が高速化し、手書きメッセージなどを送ることができる最新のウォッチ向けOS「watchOS 3」を搭載。心拍センサーや加速度センサー、ジャイロスコープ、環境光センサーなど各種センサーを内蔵、ネットワークはBluetooth 4.0、無線LANをサポートしている。バッテリー駆動時間は最大18時間。iOS 8.2以降を搭載するiPhone 5以降のiPhoneに対応する。

Apple Watch Nike+ Apple Watch Hermes

ケースサイズは38mmと42mmで、ケース素材はアルミとステンレススチール、ホワイトセラミックを採用。ナイキとコラボしたスポーツバンド採用モデル「Apple Watch Nike+」、レザーストラップを装着したエルメスコラボモデル「Apple Watch Hermes」などもラインナップする。

また、初代「Apple Watch」(Series 1)もデュアルコアに仕様を変更、価格改定の上で販売が継続される。

文: GDM編集部 絵踏 一
Apple Inc.: https://www.apple.com/

totop