これが“Zen”だ!AMDファン待望の次世代ハイエンドCPU「Summit Ridge」がCOMPUTEXに登場

2016.06.01 19:29 更新

2016.06.01 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ)は2016年6月1日、Zenアーキテクチャを採用するデスクトップ向けの次世代ハイエンドCPU「Summit Ridge」を公開した。
  • これが“Zen”だ!AMDファン待望の次世代ハイエンドCPU「Summit Ridge」がCOMPUTEXに登場
  • これが“Zen”だ!AMDファン待望の次世代ハイエンドCPU「Summit Ridge」がCOMPUTEXに登場

今後数ヶ月以内に登場予定、8コア16スレッド構成の新ハイエンドCPU

AMD Showcases New High-Performance Solutions at COMPUTEX TAIPEI 2016
http://www.amd.com/en-us/press-releases/Pages/amd-showcases-2016may31.aspx

「Radeon RX 480」が発表された「COMPUTEX TAIPEI 2016」の会場にて、同社CEOのLisa Su氏より次世代ハイエンドCPU「Summit Ridge」が披露された。

新設計のZenアーキテクチャを採用するCPUで、8コア16スレッド構成という仕様が公開。従来のExcavatorアーキテクチャとの比較では、IPC(Instructions Per Clock)が40%向上しているという。また、かねて予告されていた通り、AM4プラットフォームへの移行があらためて発表された。

なお、Zenアーキテクチャは幅広い市場への展開が予定されており、デスクトップPCやノートPCのほか、サーバーなどEmbeded市場にむけての提供を見込む。まずは2016年第3四半期よりパートナー企業への出荷を開始、デスクトップPC市場には2016年中に投入される予定だ。

文: GDM編集部 絵踏 一
AMD: http://www.amd.com/

totop