CFD、R9 390デュアル実装のモンスターVGA、PowerColor「AXR9 390 II 16GBD5」10月中旬発売

2015.10.09 16:13 更新

2015.10.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
PowerColorブランドを展開するTUL Corporation(本社:台湾)国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市)は2015年10月9日、AMD Radeon R9 390をデュアル実装するグラフィックスカード「AXR9 390 II 16GBD5」について、新規取り扱い開始を発表した。発売は10月中旬で、市場想定売価は税抜129,800円。
  • CFD、R9 390デュアル実装のモンスターVGA、PowerColor「AXR9 390 II 16GBD5」10月中旬発売
  • CFD、R9 390デュアル実装のモンスターVGA、PowerColor「AXR9 390 II 16GBD5」10月中旬発売

PowerColor“DEVIL”シリーズの最上位モデル

AXR9 390 II 16GBD5 市場想定売価税抜129,800円前後(10月中旬発売)
http://www.cfd.co.jp/product/graphics_bord/amd-graphics/axr9390ii16gbd5/

9月4日付けグローバルリリースで既報の、デュアルRadeon R9 390グラフィックスカード「AXR9 390 II 16GBD5」(Devil 13 Dual Core R9 390)の国内発売が10月中旬より開始される。発売元はCFD販売株式会社。

PowerColor“DEVIL”シリーズの最上位モデルで、電源回路にはPowerIRstageとプラチナパワーコンポーネントで構成される15フェーズ電源回路を搭載。さらに冷却システムには合計10本のヒートパイプと大口径3連ファンで構成される、3スロット専有の大型クーラーを搭載する。

スペックは、コアクロック1,000MHz、メモリクロック5,400MHz、メモリバス幅は512bit×2で、GDDR5 16GBのビデオメモリを搭載。バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、出力インターフェイスはDVI-D×2、HDMI×1、DisplayPort×1。

外形寸法は304.8×136.2×59mm。補助電源コネクタはコンシューマ向けでは異例となる8pin×4を備える。

SPEC
GPU:Radeon R9 390
SP数:2,560基×2
コアクロック:1,000MHz
メモリクロック:5,400MHz
ビデオメモリ:GDDR5 16GB
メモリバス幅:512bit×2
出力インターフェイス:DVI-D×2、HDMI×1、DisplayPort×1
VGAクーラー:3スロット占有3連ファンクーラー
バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
補助電源コネクタ:8pin×4
外形寸法:304.8×136.2×59mm

文: GDM編集部 池西 樹
CFD販売株式会社: http://www.cfd.co.jp/
TUL(PowerColor): http://www.powercolor.com/

totop