サイズ、「虎徹」のDNAを受け継いだ小型サイドフローの決定版「巽」発表

2014.04.16 18:14 更新

2014.04.16 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社サイズ(本社:東京都江戸川区)は2014年4月16日、オリジナル設計の非干渉型・ナローフィンデザイン採用小型サイドフローCPUクーラー「巽」(型番:SCTTM-1000B)を発表した。出荷開始は5月2日で、市場想定売価は税抜3,280円。
  • サイズ、「虎徹」のDNAを受け継いだ小型サイドフローの決定版「巽」発表
  • サイズ、「虎徹」のDNAを受け継いだ小型サイドフローの決定版「巽」発表

小型系CPUクーラー最強クラスを謳う「巽」デビュー

巽(型番:SCTTM-1000B) 市場想定売価税抜3,280円(5月2日出荷開始)
http://www.scythe.co.jp/
※掲載時製品情報なし

サイズオリジナルCPUクーラー「虎徹」の設計思想を受け継いだという、非干渉型・ナローフィンデザイン採用の、サイドフロー型PCクーラー新作。出荷開始はGW真っ只中の5月2日。

定評の「虎徹」搭載の冷却ファン120mm口径に対し、新作「巽」では、92mm口径をチョイス。アルミニウム製放熱フィンを含め幅83mmのナロータイプとする事で、大型ヒートスプレッダ搭載のメモリとの物理的干渉を回避させた。

ヒートシンクはお馴染み「多重エアフロー透過構造」M.A.P.S(Multiple Airflow Pass-through Structure)を採用。形状の違うフィンを組み合わせる事で、冷却ファンの風を効率よく吸い込む事ができる。なおヒートパイプはφ6mmで、放熱フィンには3本が貫通。受熱ベースには銅が採用される。

定番「虎徹」の弟分として間もなく登場する「巽」は、随所にオリジナルモデルらしさが盛り込まれている

外形寸法はW102×D83×H146mm、重量450g。冷却ファンは92×92×25mm。回転数は300±200mm~2,500rpm±10%、風量6.70~55.55CFM、騒音値7.2~31.07dBA、静圧は7.35~22.46Pa/0.75~2.29mmH2Oで、固定はワイヤークリップ式。

対応ソケットは、Intel LGA775/1150/1155/1156/1366/2011、AMD Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2/FM2+。なお固定には、ヒートシンクの受熱ベース部分にメタルバーを渡す、ブリッジ式リテンションが採用される。

文: GDM編集部 松枝 清顕
株式会社サイズ: http://www.scythe.co.jp/

totop