エントリークラス「K」シリーズ第1弾、Cooler Master「K380」12月21日発売

2012.12.14 00:00 更新

2012.12.13 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Cooler Master co., Ltd.(本社:台湾)は2012年12月13日、エントリークラス「K」シリーズ第1弾となるミドルタワーPCケース「K380」について、国内市場での新規取り扱い開始を発表した。発売は12月21日で、市場想定売価は税込7,000円前後。
  • エントリークラス「K」シリーズ第1弾、Cooler Master「K380」12月21日発売
  • エントリークラス「K」シリーズ第1弾、Cooler Master「K380」12月21日発売

Cooler MasterブランドのエントリークラスPCケース「K」シリーズ第1弾となる「K380」が、間もなく国内市場でデビューを果たす。対応フォームファクタはATX、MicroATX。

内外装ブラックに仕上げられた「K380」は、人気の「HAF」シリーズを彷彿とさせるフロントパネルデザインを採用。オプションの電源ユニットをボトムレイアウトにすることで、内部エアフロー効率を高めた。

冷却機構は、フロント120mm口径×1(RedLED)のみ標準装備。オプションでリア120/90/80mm口径×1、ボトム部120mm口径×1、左サイドパネル120mm口径×1がそれぞれ増設できる。
 ドライブベイレイアウトは、5.25インチ×3、3.5インチ×2、3.5インチシャドウベイ×5、2.5インチシャドウベイ×3(内2つは付属の2台対応アダプタを3.5インチシャドウベイ×1に搭載使用)。

K380 K380
トップパネル部にスマートフォン等を置く事ができるスペースを装備

その他、フロントI/OポートにUSB3.0×1、USB2.0×1、ヘッドフォン×1、マイク×1を備え、CPUクーラーメンテナンスホール、電源ユニットへの埃侵入を防ぐダストフィルター、ケーブル配線用マネジメントホール、水冷ホース用ホール、クリアサイドパネル等、クラス最上位のギミックを盛り込んだ。なお、拡張カード有効スペースは316.6mmまで。外形寸法は、W209×D479×H445mm。重量約4.7kg。

文: GDM編集部 松枝 清顕
Cooler Master co., Ltd.: http://www.coolermaster.co.jp/

totop