天板に360mmサイズラジエターが搭載できる冷却重視型PCケース、In Win「BX141」シリーズ発売

2012.10.16 20:00 更新

2012.10.16 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
In Win Development(本社:台湾)国内正規代理店の株式会社エムヴィケー(本社:東京都千代田区)は2012年10月16日、冷却重視を謳うE-ATX対応PCケース「BX141G(GRONE GREY)」「BX141W(GRONE White)」の2モデルについて、新規取り扱い開始を発表した。発売は10月26日で、市場想定売価は税込各12,800円。
BX141G(GRONE GREY) 市場想定売価税込12,800円(10月26日発売)
http://www.mvkc.jp/product/inwin/case/atx/bx141g_grone_grey.php
BX141W(GRONE White) 市場想定売価税込12,800円(10月26日発売)
http://www.mvkc.jp/product/inwin/case/atx/bx141wgrone_white.php

In Winブランドの国内正規代理店、株式会社エムヴィケーより冷却重視型E-ATX対応PCケース「BX141」シリーズの新規取り扱い開始が発表された。カラーはGRONE GREYとGRONE Whiteの2色展開で、いずれもサイドパネルはアクリル窓仕様。
 外形寸法W245×D562×H593mm、重量10.88kgの大型PCケースで、素材はシャーシ部が0.8mm厚SECC、その他副素材としてアクリルとプラスチックが使用されている。

冷却重視が謳われるこのモデルは、ドライブベゼルをメッシュ仕様とし、高い通気性を確保。冷却ファンレイアウトは、フロント140mm(RED LED)×2基(標準装備)、HDDケージ部140mm(RED LED)×1基、リア140mm×1基、天板部140mm×1基(オプションで120/140mm×各2基増設可能)、底面120/140mm×2基(オプション)、サイドパネル部120/140mm×1基(オプション)となり、天板部に360mmサイズ、底面部に240mmサイズのラジエターが搭載できる。

 またドライブベイレイアウトは、5.25インチ×3(ツールフリー)、3.5インチシャドウベイ(専用トレイ式)×8で、トップ部には2.5/3.5インチSATAドライブ用ドックコネクタも装備される。

その他、フロントトップ部I/OパネルにはUSB3.0×2(内部コネクタ)、USB2.0×2、音声入出力端子を備え、さらにファンコントローラーも搭載。なお拡張カード有効スペースは356mm、CPUクーラー有効スペース(高さ)は206mmまで。

文: GDM編集部 松枝 清顕
In Win Development Inc.: http://www.in-win.com.tw/
株式会社エムヴィケー: http://www.mvkc.jp/

totop